Template‐ノート:気象機関

ナビゲーションに移動 検索に移動

本記事に関する備考[編集]

掲載基準[編集]

以下に示すWMO指定気象機関等、重要な拠点となる機関

以上に加えて、本テンプレート投稿時点で日本語版に記事がある機関

出典・参考[編集]

出典

日本語訳参考

脚注[編集]

  1. ^ 気象庁 (2004年6月). “気象業務評価レポート (平成16年度版) - 全球気象通信システム (PDF)”. 2012年2月3日閲覧。
  2. ^ a b 運輸省 (1972年). “昭和46年度運輸白書 各論 V 第2章 第3節 1 世界気象監視計画の推進”. 2012年2月3日閲覧。
  3. ^ a b 気象庁那覇航空測候所 (2009年7月7日). “気象用語 (略語) 集”. 2012年2月3日閲覧。
  4. ^ 気象庁 (2002年4月). “気象業務はいま2002 第1部 (6) 3) 気象データ処理・気象情報提供に関するネットワーク (PDF)”. 2012年2月3日閲覧。
  5. ^ 二宮洸三 (1988年3月). “ASEAN地域特別気象中枢計画会議 (PDF)”. 日本気象学会機関誌「天気」. 2012年2月3日閲覧。

ノート[編集]

コメント 掲載基準等のサイズが大きくなったので、記事本体から移転しました。以下、通常のノート用途にご利用ください。--Doraemonplus 2012年2月3日 (金) 05:41 (UTC)