ユーリ・マニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yuri Manin

ユーリ・マニン: Ю́рий Ива́нович Ма́нин: Yuri Ivanovich Manin, 1937年2月16日 - )はロシア数学者。専門は整数論代数幾何学数理物理学

モスクワ大学数学を学び、1960年にステクロフ数学研究所イゴール・シャファレヴィッチ (I.Shafarevich) のもとで学位を取得。

長年モスクワ大学に務め、現在はマックス・プランク数学研究所に務めている。

ウラジーミル・ドリンフェルトラングランズ予想量子群)、アレクサンドル・ベイリンソン(A.Beilinson)ベイリンソン予想)、ヴィクター・コリヴァギンオイラー・システム(Euler System)ヴャチェスラフ・ショクロフMMP)と高弟を育てた。

業績に、 関数体上のモーデル予想の解決。ガウス=マニン(Gauss-Manin)接続インスタントンにおけるADHM法の構成。 量子コホモロジーの定式化。マニン=マムフォード予想の提起。その他にも量子群ミラー対称性における貢献。

受賞歴[編集]