ユーラ・ゾイファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーラ・ゾイファー(Jura Soyfer, 1912年12月8日ウクライナ・ハルキウ(ハリコフ) - 1939年2月15日 ブーヘンヴァルト強制収容所)はウクライナ出身のユダヤ系オーストリア人の政治ジャーナリストで、政治的作家でもあり、詩人カバレッティストである。

1930年代オーストリアにおける最も個性的な政治的作家であり、今日でもカバレット作品が小劇場を中心に上演される。

生涯[編集]

ユーラ・ゾイファーは企業経営者ヴラジーミル・ソイフェル Vladimir Sojfer と妻リュボツ Ljuboc S. の間に生まれた。裕福なユダヤ教徒の家庭で、ユーラと姉タマラのためにはフランス語英語を話す家庭教師を雇っていた。

1921年、一家はボリシェヴィキ革命を逃れてバーデン・バイ・ウィーンへ逃れ、その後ウィーンへ移住する。15歳のとき、社会主義文学の学びを始め、熱心なマルクシストとなる。

作品[編集]

The first verse of the 「ダッハウリート(ダッハウの歌)」Dachaulied, the Dachau song:

Stacheldraht, mit Tod geladen,
ist um unsre Welt gespannt.

Drauf ein Himmel ohne Gnaden
sendet Frost und Sonnenbrand.
Fern von uns sind alle Freuden,
fern die Heimat, fern die Fraun,
wenn wir stumm zur Arbeit schreiten,
Tausende im Morgengraun.
Doch wir haben die Losung von Dachau gelernt
und wurden stahlhart dabei:
Sei ein Mann, Kamerad,

bleib ein Mensch, Kamerad,
mach ganze Arbeit, pack an, Kamerad,
denn Arbeit, Arbeit macht frei!
Barbed wire, loaded with death
is drawn around our world.
Above a sky without mercy
sends frost and sunburn.
Far from us are all joys,
far away our home, far away our wives,
when we march to work in silence
thousands of us at the break of day.
But we have learned the motto of Dachau
and it made us as hard as steel:
Be a man, mate,
stay a man, mate,
do a good job, get to it, mate,
for work, work makes you free!

外部リンク[編集]

参考資料、文献案内[編集]

  • "Jura Soyfer and His Time (Studies in Austrian Literature, Culture, and Thought)" by Donald G. Daviau, 1995年 / ISBN 1572410051
  • "The legacy of Jura Soyfer, 1912-1939: Poems, prose and plays of an Austrian antifascist" (Engendra theaterbooks) ISBN 0919830072
  • "It's Up to Us!: Collected Works of Jura Soyfer (Studies in Austrian Literature, Culture, & Thought)", 1996年 / ISBN 0929497554
  • 富山典彦「ユーラ・ゾイファーの『世界の破滅』におけるファウスト的コスモスについて」~『桜文論叢 (60)』 (2004年1月31日発行 / 日本大学[4]
  • 富山典彦(とみやま・のりひこ)「ユーラ・ゾイファーと死の帝都ウィーン ─ ウィーンのカバレティスト列伝 [2]」~『成城文藝』180 号 (2002年11月 / 学校法人成城学園文芸学部ヨーロッパ文化学科) [5]
  • 江原町子(えはら・まちこ)「<オーストリア文学と社会 : 世紀転換期から両大戦にかけて> ユラ・ゾイファーと抵抗の演劇 : 民衆劇再生の試み (Jura Soyfer und das Theater des Widerstandes ― Versuch zur Wiederbelebung des Volkstheaters)」 (獨逸文學(Die Deutsche Literatur = German Literature) 81号 / 日本獨文學會 / 1988年) [6]
  • 望月町子『ユラ・ゾイファーと小芸術運動両大戦間のウィーンにおける抵抗の演劇』 (学習院大学 ドイツ文学語学研究 8 / NCID AN00201032 / 1984年2月10日) [7]