ユニバーシティパーク空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユニバーシティパーク空港
IATA: SCE - ICAO: KUNV
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ペンシルベニア州
ステートカレッジ北郊
種類 公営
運営者 センター郡空港局
標高 377.6 m (1,239 ft)
座標 北緯40度50分57秒 西経77度50分55秒 / 北緯40.84917度 西経77.84861度 / 40.84917; -77.84861座標: 北緯40度50分57秒 西経77度50分55秒 / 北緯40.84917度 西経77.84861度 / 40.84917; -77.84861
公式サイト 公式ウェブサイト (英語)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
06/24 YES 2,042×46 舗装
16/34 NO 716×15 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ユニバーシティパーク空港(ユニバーシティパークくうこう、University Park AirportIATA: SCE)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州中央部、センター郡ベナー・タウンシップに立地する公営空港。ステートカレッジのダウンタウンから北へ約7kmに立地し、ステートカレッジ・ベルフォントの両町、およびその周辺地域の空の玄関口となっている。空港はペンシルベニア州立大学が所有しているが、その運営はセンター郡空港局によって行われている[1]

歴史[編集]

ユニバーシティパーク空港は1958年に、ペンシルベニア州立大学の所有していた土地に建設された。その2年後には地元企業によって滑走路の延伸工事が行われ、商用航空機も発着できるようになったが、しばらくは定期旅客便には恵まれなかった。1978年、地元実業家はセンター郡航空局を再生させ、ペンシルベニア州立大学から土地をリースさせ、仮ターミナルとしてトレーラーを設置させた。その後アルゲイニー航空(現USエアウェイズ)の便がこの空港に就航した。正規のターミナルビルは1984年に完成した。その後1993年にターミナルビルの改装が行われ、1999年には滑走路の長さが現在の6,701フィート(2,042m)に延長された[1]2001年には、空港にゼネラル・アビエーション用の格納庫が設置された[2]

発着路線と行先[編集]

ユニバーシティパーク空港には以下の3社による近距離の3路線が就航している。いずれも提携航空会社の小型機による便であるが、各社のハブ空港とユニバーシティパーク空港とを結んでおり、乗り継ぎによって全米各地やアメリカ合衆国外への旅行を可能にしている。また、その便数も1日3-6便と決して少なくはなく、町や空港の規模の割には利便性は高い[3]

また、これらの定期便のほか、空港はチャーター便などのゼネラル・アビエーションにも使用されている。ゼネラル・アビエーション用のターミナルは1日24時間、週7日開かれている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]