ヤークート・ムスタアスィミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤークート・ムスタアスィミーの筆による書作品。13世紀。スルス体。
ヤークート・ムスタアスィミーの筆によるクルアーン。ヒジュラ暦681年/西暦1282年、バグダード

ヤークート・ムスタアスィミー(Yaqut al-Musta'simi 又は Yakut-i Musta'simi、? - 1298年歿[1])、又は、ジャマールッディーン・アブル・マジュド・ヤークート・ブン・アブドゥッラーフ・アッ=ルーミー・アル=ムスタアスミィー・アッ=タワーシー・アル=バグダーディー (جمال الدين أبو المجد ياقوت بن عبد الله الرومي المستعصمي الطواشي البغدادي‎) は、イスラームの書法における能書家であり[2][3]アッバース朝最後のハリーファムスタアスィム・ビッラーフの側近であった人物。ルーミーニスバから、アナトリア半島アマスィヤギリシャ系の家系に生まれたという説があり(13世紀のアマスィヤあたりはビザンツ帝国(ルーム)の領土に含まれる。)[4]、幼いころに東方へ連れてこられたとみられる[4]。また、宦官であったとみられる[4]。ムスタアスィミーは、アラビア語の書法、又は、イスラームの書法に使われる書体を整理し、6種類の基本書体に分類、成文化した[5]。また、スルス体を「特に優雅に美しく」発展させることを成し遂げ、この書体は彼の名をとってヤークーティーと呼ばれる[1][注釈 1]。ムスタアスィミーはクルアーンの筆写本を1000以上も制作したと想像されている[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Çelebi(2006)はこのヤークート体をナスフ体と混同しているとみられる。

出典[編集]

  1. ^ a b Efendi, Cafer; Howard Crane (1987). Risāle-i miʻmāriyye: an early-seventeenth-century Ottoman treatise on architecture: facsimile with translation and notes. Brill. pp. 36. ISBN 978-90-04-07846-8. http://books.google.com/books?id=dJk3AAAAIAAJ&pg=PA36 2015年12月24日閲覧。. 
  2. ^ Dankoff, Robert (2004). An Ottoman mentality: the world of Evliya Çelebi. Brill. pp. 42. ISBN 978-90-04-13715-8. http://books.google.com/books?id=6ZRx2UZOtFkC&pg=PA42. 
  3. ^ Çelebi, Evli̇ya; Robert Dankoff (2006). Evliya Çelebi in Bitlis: the relevant section of the Seyahatname. Brill. pp. 285. ISBN 978-90-04-09242-6. http://books.google.com/books?id=6LNlZuhunSIC&pg=PA285 2015年12月24日閲覧。. 
  4. ^ a b c Houtsma, M. Th (1987). E.J. Brill's First Encyclopaedia of Islam 1913-1936, Volume 1. BRILL. p. 1154. ISBN 9789004082656. "YAKUT al-MUSTA'SIMI, Djamal al-DIn Auu 'l-Madjd ... some say he was a Greek from Amasia; he was probably carried off on a razzia while still very young. He was a eunuch." 
  5. ^ Sözen, Metin; İlhan Akşit (1987). The evolution of Turkish art and architecture. Haşet Kitabevi. 
  6. ^ Knappert, Jan (2005). Swahili culture, Book 2. E. Mellen Press. ISBN 978-0-7734-6109-3.