ヤマシナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ヤマシナ
YAMASHINA CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証2部 5955
1962年9月上場
本社所在地 日本の旗 日本
607-8155
京都府京都市山科区東野狐藪町16
設立 1917年9月1日
業種 金属製品
法人番号 2130001013473
事業内容 金属製品の企画・製造・販売
代表者 代表取締役社長 堀直樹
資本金 9000万円
売上高 35億3561万円(2017年3月31日現在)
営業利益 2億7429万円(2017年3月31日現在)
経常利益 3億1370万円(2017年3月31日現在)
純利益 3億5282万円(2017年3月31日現在)
純資産 91億1780万円(2017年3月31日現在)
総資産 108億6191万円(2017年3月31日現在)
従業員数 163名(2017年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要子会社 三陽工業㈱ ㈱LADVIK Yamashina Bangkok Fastening Co.,Ltd
外部リンク http://www.kk-yamashina.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2017年3月期[1]
テンプレートを表示

株式会社ヤマシナは、京都市山科区に本社をおく、十字穴付ねじの製造会社。

沿革[編集]

  • 1917年 - 資本金100万円をもって京都市山科において「株式会社山科精工所」を創立。
  • 1949年 - 十字穴付きネジの初の国産化に成功。
  • 1962年9月 - 大阪証券取引所(2部)、京都証券取引所に株式上場。
  • 2000年 - 「株式会社山科精工所」から「株式会社ヤマシナ」に社名変更。
  • 2002年 - タイ国ねじメーカーのバンコク・ファスニングCo.と合併会社ヤマシナ・バンコク・ファスニングCo.を設立。
  • 2010年 - 中国ねじメーカーのイーグル社と技術および製造提携契約を締結。中国での現地製造供給を開始。
  • 2013年7月 - 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場の統合に伴い東京証券取引所市場第二部に株式上場。
  • 2014年9月 - 精密バネメーカー㈱LADVIKの株式を100%取得し、子会社化。

特徴[編集]

十字穴付きネジを初めて国産化したメーカーであり、日本のネジメーカーの老舗として業界では知られる。また、政府要請により戦後いち早くタッピンネジの国産化にも着手したとされる。昭和30年代には、工業標準化と品質管理の実施優良工場として、大阪通商産業局長賞や工業技術院長賞を受賞し、技術優位の会社としてその事業基盤を固め現在に至る。近年では、自動車や弱電市場に対し、高い性能を有するボルトやねじを製造販売している。特に海外の有力メーカーとライセンス契約を結び同社で製造している樹脂用タッピンネジ「デルタPT(R)」やCORFLEX(R)と呼ばれる高周波焼入れを施した金属用タッピンボルト「タップタイト2000(R)]には高い定評がある。研究開発活動も盛んで、高強度アルミボルトやCFRP用インサートナット、薄鋼板用タッピンネジなど、ものづくりの軽量化と総コストの低減につながる製品開発を進めている。また、中国やタイなどの海外展開を視野にM&Aにも積極的である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]