モニク・ファンデリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
オランダの旗 オランダ
女子 柔道
世界柔道選手権
1995 千葉 無差別
1991 バルセロナ 72kg超級
1993 ハミルトン 72kg超級

モニク・ファンデリー( Monique van der Lee 1973年11月7日-) はオランダヘールフホヴァールト出身の柔道選手。現役時代は72kg超級の選手。身長176cm。体重84kg[1]

人物[編集]

72kg超級にしては84kgと比較的軽量ながら、ジュニアの頃から国際大会で活躍していて、17歳の時には世界選手権で3位となった。翌年にはバルセロナオリンピックに出場するが、初戦でポーランドのベアタ・マクシモフに敗れた。1993年の世界選手権では、準決勝で阿武教子に1-2の判定で敗れるが3位となった。1995年の世界選手権無差別では、決勝で中国の孫福明に一本勝ちして優勝を果たした。しかし、オランダ国内には72kg超級世界チャンピオンのアンヘリク・セリーゼがいたために、アトランタオリンピックには出場できずに終わった。その後、ラグビー競技に転向した[2]。現在は柔道の現場に復帰している[3]

セクハラ騒動[編集]

1996年になると、コーチであるペーター・オームスにセクハラを受けていたとして、同じくオームスの指導下にあってセクハラを受けていたというアニタ・スタップス及びイレーネ・ドゥコックとともに、その件を公に告発した[4][5][6]。 裁判ではドゥコック及びファンデリーに対するセクハラが認定されて、オームスには4ヶ月の執行猶予処分と180時間の社会奉仕活動が言い渡された[7]。 また、オランダ柔道連盟はオームスに対して、1996年から3年間にわたってコーチ資格を停止処分にした[8]

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て72kg超級での成績)

脚注[編集]

外部リンク[編集]