メークローン線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メークローン線
メークローン線のNKF型気動車
メークローン線のNKF型気動車
基本情報
起点 ウォンウィアン・ヤイ駅
終点 メークローン駅
駅数 東線: 5駅、15停車場
西線: 2駅、12停車場
開業 1905年1月4日
所有者 タイ国有鉄道
運営者 タイ国有鉄道
路線諸元
路線距離 東線 (マハーチャイ線): 31.22 km
西線 (メークロン線): 33.75 km
線路数 単線
電化方式 非電化
テンプレートを表示
経路図
WASSERq WASSERq WASSERq
チャオプラヤー川
exKBHFa
クローンサーン駅
RP2q exSKRZ-G2BUE RP2q
タークシン通りタイ語版
KBHFxa
0.00 ウォンウィアン・ヤイ駅
BHF
1.78 タラートプルー駅
HST
2.45 ウターカート停車場
HST
3.35 クローントンサイ停車場
HST
4.13 チョームトーン停車場
HST
5.76 ワットサイ停車場
BHF
7.15 ワットシン駅
HST
9.76 バーンボーン停車場
HST
10.23 ガーンケーハ停車場
HST
10.53 ランサケー停車場
BHF
14.25 ランポー駅
HST
15.83 サムイエーク停車場
HST
17.29 プロムデーン停車場
HST
18.76 トゥーンシートーン停車場
HST
19.97 バーンナームジュード停車場
HST
22.99 コークワイ停車場
HST
26.76 バンコーム停車場
HST
29.76 クローンチャック停車場
HST
30.60 二コムロットファイマハーチャイ停車場
KBHFe
31.22 マハーチャイ駅
WASSERq BOOT WASSERq
ターチン川
KBHFa
0.00 バーンレーム駅
HST
1.24 ターチャローン停車場
HST
3.89 バンチーパカーオ停車場
HST
5.95 クローンノックレック停車場
HST
6.90 バンシンコット停車場
HST
8.86 バーンクラチョ停車場
HST
10.90 バンボー停車場
HST
13.32 バーントラット停車場
HST
15.78 バンカロン停車場
HST
17.94 バンナクワーン停車場
HST
19.97 バンナコック停車場
HST
23.73 ケットヌワン停車場
HST
27.66 ラドヤーイ停車場
eHST
30.16 バーンクラバン停車場
KBHFe
33.75 メークローン駅
WASSERq WASSERq WASSERq
メークローン川

メークローン線(メークローンせん、タイ語: ทางรถไฟสายแม่กลอง)は、タイ王国中部にあるターチン川により東線(ウォンウィアン・ヤイ - マハーチャイ)と西線(バーンレーム - メークローン)に隔てられているタイ国有鉄道の鉄道路線である。登記上の正式名称はそれぞれ、ウォンウィアン・ヤイ=マハーチャイ線、バーンレーム=メークローン線であるが、一般的に前者をマハーチャイ線、後者をメークローン線と呼称されている[1]。便宜上、当記事では前者を東線、後者を西線と定義する。

概要[編集]

1905年1月4日 、民営ターチーン鉄道としてクローンサーン - マハーチャイが開業し、1907年7月12日には民営メークローン鉄道としてバーンレーム - メークローン が開業した[2]。その後1908年10月6日にメークローン鉄道に吸収合併された。1942年 - 1945年第二次世界大戦中、私鉄のメークローン鉄道は、軍事管理化により国の指揮下に入り戦後1946年5月8日国有化されタイ国鉄の駅となった。

1926年2月12日にクローンサン- ワットサイ停車場が電化され[3]、その後電化区間はバーンボーン停車場まで延伸した。しかし、電気設備の故障や車両の新造・購入費および維持費削減の観点から、1955年に電化設備は廃止され、現在は気動車により運行されている[4]

マハーチャイ線(ウォンウィアン・ヤイ - マハーチャイ)とメークロン線(バーンレーム - メークローン)は、ターチン川によって隔てられているが、連絡船がバーンレーム駅の発着時刻に合わせて運行されている。

バンコク都内の渋滞緩和策として1961年1月1日に、クローンサーン - ウォンウィアン・ヤイ間が廃止された[5]。廃止後も線路が取り外されることは無く、しばらくは車両をチャオプラヤー川を経由してマッカサン鉄道工場までの輸送の際使用された[6][7]

同線は元々メークローン鉄道とターチーン鉄道という私鉄によって経営されていた路線が国有化されたという経緯があり、タイ国有鉄道の他の路線とは接続しない、いわゆる飛び地路線となっている。

こうした特殊な経緯から、同線に関わる予算はタイ国鉄における他の路線に関わる予算総額とは別枠で配分されることが慣例となっており、近年までは同線に使用する車両も独自に予算が組まれ、同線向けの専用設計車両が投入されていた(タイ国鉄向けの一般汎用車両を再設計した車両が2世代にわたって日本の車両メーカーにより製造された)。

また、他路線と接続していないため、同線はタイ国鉄の信号安全規準の適用除外路線となっており、全線にわたって信号機が設置されていない(東線は数箇所の交換可能場所があるが、安全管理はすべて運行ダイヤと無線交信によってのみ行われている。西線は全線1閉塞である)。

同線はそれぞれ30 km余の短距離路線であり、他路線からの列車の乗り入れも一切ない飛び地路線であるため、日常的にダイヤはほぼ正確に守られている。

使用車両[編集]

現在の車両

  • THN型 1102,1125
  • NKF型 1201 - 1208,1211 - 1212,1215,1234,1255,1260 はマハーチャイ線で、 1216,1221,1227,1241 はメークローン線で運用されている。
  • ATR型 2101のみ、同線内唯一の冷房車となっている。

過去の車両

  • TEIKOKU型 D3 - D8
  • NII型 T1 - T3,1001 - 1003
  • RTS型 D9 - D16,TS4 - TS7
  • RH型
  • RHN型
  • NKF型 1210,1213 はメークローン線で、 1214,1248 はマハーチャイ線で運用されている。

歴史[編集]

区間[編集]

マハーチャイ線(ウォンウィアン・ヤイ - マハーチャイ)[編集]

駅 名 英語駅名 駅番号 ウォンウィアン・ヤイ駅
からの距離
駅等級 電報略号 所 在 地 備 考
クローンサーン駅 Khlong San (2.015 km)[注釈 1] バンコク都 クローンサーン区 1961年1月1日廃止
ウォンウィアン・ヤイ Wongwian Yai 5001 0.00 km 2等 งญ. トンブリー区
タラートプルー駅 Talat Phlu 5003 1.78 km 3等 ลู.
ウターカート停車場 Wutthakat 5036 2.45 km

BTSシーロム線と乗り換え
クローントンサイ停車場 Khlong Ton Sai 5004 3.35 km ไซ. チョームトーン区
チョームトーン停車場 Chom Tong 5005 4.13 km ทจ.
ワットサイ停車場 Wat Sai 5007 5.76 km วซ.
ワットシン駅 Wat Sing 5008 7.15 km 3等 สิ.
バーンボーン停車場 Bang Bon 5009 9.76 km

าา. バーンボーン区
ガーンケーハ停車場 Khan Keha 5010 10.23 km เค.
ランサケー停車場 Rang Sakae 5011 10.53 km รแ.
ランポー駅 Rang Pho 5012 14.25 km 3等 รโ. バーンクンティアン区
サムイエーク停車場 Sam Yaek 5013 15.83 km

แย.
プロムデーン停車場 Phrom Daen 5014 17.29 km พแ. サムットサーコーン県 ムアンサムットサーコーン郡
トゥーンシートーン停車場 Thung Si Thong 5034 18.76 km ที.
バーンナームジュード停車場 Bang Nam Jued 5015 19.97 km นจ.
コークワイ停車場 Khok Khwai 5016 22.99 km วา.
バンコーム停車場 Ban Khom 5017 26.76 km ขม.
クローンチャック停車場 Khlong Chak 5033 29.76 km ลจ.
ニコムロットファイマハーチャイ停車場 Nikhom Rotfai Mahachai 5037 30.60 km
マハーチャイ駅 Maha Chai 5018 31.22 km 1等 ชั.

メークローン線(バーンレーム - メークローン)[編集]

1日当たり4往復の列車[10] がバーンレーム - メークローン間を運行している。朝メークローン駅を出発した列車が4往復の仕業をこなしその後メークローン駅で1夜を過ごすというダイヤである。運行列車は2両編成 × 1本 = 2両だけである。もしこの列車が故障の際には、当区間は当然運休となる。この列車は、タイ国鉄の他の路線で運行されている車両と同じであるが2等車扱いである為若干割高である。バーンレーム - メークローン間(33.75 km)の運賃は、10バーツである。もし他の路線で同じ距離を3等車で乗車した場合、8バーツである。

現在の終着駅メークローン駅より、南本線のパークトー駅と接続する計画があるが実現していない[11]。(下表の備考欄に未成線と記載)

2015年5月13日から同年11月8日の予定で全線(バーンレーム - メークローン)に渡り線路補修のため運休となっていたが[12]、タイ国鉄は2015年11月末に工事の遅れにより2016年4月まで工事(運休)期間の延長を行うと発表した[13]。現在は全線で営業が再開されている。

2022年7月時点の時刻表
駅 名 英語駅名 駅番号 バーンレーム駅
からの距離
駅等級 電報略号 所 在 地 備 考
バーンレーム駅 Ban Laem 5019 0 km 3等 แห. サムットサーコーン県 ムアンサムットサーコーン郡
ターチャローン停車場 Tha Chalom 5020 1.24 km

ฉอ.
バンチーパカーオ停車場 Ban Chi Phakhao 5021 3.89 km ผา.
クローンノックレック停車場 Khlong Nok Lek 5035 5.95 km ลเ. 1996年新設開業
バンシンコット停車場 Bang Si Kot 5022 6.90 km บี.
バーンクラチョ停車場 Bang Krachao 5023 8.86 km ะจ.
バンボー停車場 Ban Bo 5024 10.90 km บ่.
バーントラット停車場 Bang Thorat 5025 13.32 km งโ.
バンカロン停車場 Ban Ka Long 5026 15.78 km กห.
バンナクワーン停車場 Ban Na Khwang 5027 17.94 km บ้.
バンナコック停車場 Ban Na Khok 5028 19.97 km าโ.
ケットヌワン停車場 Ket Muang 5029 23.73 km ดเ.
ラドヤーイ停車場 Lad Yai 5030 27.66 km ลญ. サムットソンクラーム県 ムアンサムットソンクラーム郡
バーンクラバン停車場 Bang Krabun 5031 30.16 km กู. 今は廃止
メークローン駅 Mae Klong 5032 33.75 km 3等 แอ.
バーンカポン駅 Bang Kaphom 40.15 km 未成線
アンファワ駅 Amphawa 44.95 km
ワットプレーン駅 Wat Pleng 51.35 km ラーチャブリー県 ワットプレーン郡
パークトー駅 Pak Tho 4093 55.05 km 2等 ปท. パークトー郡 南本線旧トンブリー駅
からの距離118.62 km

注釈[編集]

  1. ^ 厳密には、2020年現在においてもなお廃止されたクローンサーン駅を基準とするキロ程が用いられており、例えばウォンウィアン・ヤイ駅が2.015 km となる。国鉄の刊行物[9]、沿線の踏切小屋の掲示で確認可能。これは南本線が旧・トンブリー駅を基準としているのと同様である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『タイ鉄道旅行』p.300
  2. ^ 『タイ鉄道旅行』p.299
  3. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』p.128
  4. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』p.222
  5. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』p.223
  6. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』p.549
  7. ^ タイ国鉄121周年記念小冊子(タイ語) - ウェイバックマシン(2021年11月13日アーカイブ分) State Railway of Thailand. (2018年2月発行). p.6-9 より。
  8. ^ จดหมายเหตุพระราชกิจรายวัน ในพระบาทสมเด็จพระจุลจอมเกล้าเจ้าอยู่หัว จุลศักราช ๑๒๖๕(ラーマ5世の公務記録)ภาคผนวก ฎ การเปิดรถไฟสายท่าจีน(付記・ターチン鉄道の開通)” (タイ語). กองทุนพัฒนาสื่อปลอดภัยและสร้างสรรค์(Thai Media Fund). 2022年7月20日閲覧。
  9. ^ Annual Report 2020 - ウェイバックマシン(2022年1月21日アーカイブ分) State Railway of Thailand. (2021). p.242 より。
  10. ^ “タイ国鉄、約3か月ぶりにメークローン線の運行再開”. アジアトラベルノート. (2021年3月26日). https://www.asiatravelnote.com/2021/03/26/srt_to_resume_maeklong_railway.php 2022年1月20日閲覧。 
  11. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』p.223-225
  12. ^ “線路上の市場で知られるタイ国鉄メークロン線、改修工事で半年閉鎖”. newsclip.be. (2015年5月12日). http://www.newsclip.be/article/2015/05/12/25603.html 
  13. ^ “タイ国鉄メークロン線、営業再開来年4月に遅延 線路上の市場で人気”. newsclip.be. (2015年12月3日). http://www.newsclip.be/article/2015/12/03/27661.html 2015年12月3日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]