タラートプルー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タラートプルー駅(タラートプルーえき、タイ語 : สถานีตลาดพลู)は、タイ王国バンコク都トンブリー区にある、タイ国有鉄道メークローン線及びバンコク・スカイトレイン シーロム線のである。

両駅間は少し離れており(約800m)、徒歩で10 - 15分程度かかる。

タイ国有鉄道 メークローン線(マハーチャイ線)[編集]

タラートプルー駅
ตลาดพลู
Talat Phlu
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都トンブリー区
駅番号 5003
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 三等駅
所属路線 メークローン線
(マハーチャイ線)
キロ程 1.78km(ウォンウィアン・ヤイ駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1905年1月4日
テンプレートを表示

概要[編集]

タイ国有鉄道メークローン線は、民営鉄道私鉄)として開業した歴史を持ち、現在の当駅付近を含む東側区間のクローンサーン - マハーチャイ間(マハーチャイ線)が1905年1月4日にターチーン鉄道として、西側区間のバーンレーム - メークローン間が1907年7月12日にメークローン鉄道として、それぞれ開通している[1]

かつては電化され電車も運行されていたが、現在では気動車のみによる運行形態である。内燃化後もマハーチャイ線区間については運行本数も多く、時間帯により最短30分間隔での列車運行が行われている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式1面1線の地上駅である。

バンコク・スカイトレイン シーロム線[編集]

タラートプルー駅
ตลาดพลู
Talat Phlu
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都
トンブリー区
駅番号  S10 
所属事業者 バンコク・スカイトレイン
所属路線 シーロム線
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2013年2月14日
テンプレートを表示

概要[編集]

2013年2月14日に、シーロム線がポーニミット駅より当駅まで路線延長され、それにともない終着駅として開業した。開業後約10ヶ月間は終着駅であったが同年12月5日にバーンワー駅まで延伸開業したことにより中間駅となった[2] 。なお、当駅開業日から2014年1月5日までの約11ヶ月間、ウォンウィアン・ヤイ駅 - バーンワー駅の区間は無料であったが2014年1月6日よりサパーンタークシン駅 - バーンワー駅は乗車距離に関係なく10バーツ(約30)均一となった[3]。この区間以外の駅より乗車の際にはサパーンタークシン駅までの運賃に加えて10バーツが徴収される。

駅構造[編集]

高架式3層構造で地上部分はラチャプルック通りとなっており、2階部分は改札・連絡通路となっている、相対式ホーム2面2線の高架駅である。

駅階層[編集]

3階
相対式ホーム
3番線・下り ウターカートバーンワー方面
4番線・上り ポーニミットサラデーンサナームキラーヘンチャート方面
相対式ホーム
2階 コンコース 自動券売機自動改札口
1階 出入口 ラチャプルック通り

駅周辺[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]