メチルビニルケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メチルビニルケトン[1]
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 78-94-4 チェック
PubChem 6570
ChemSpider 6322 チェック
ChEBI CHEBI:48058 チェック
特性
化学式 C4H6O
モル質量 70.09 g/mol
密度 0.8407 g/cm3
融点

−7 °C

沸点

81.4 °C

kH 2.1×101 Allen et al. [1998]

4.4×101 Betterton [1991]

4.1×101 Iraci et al. [1998]

危険性
安全データシート(外部リンク) ICSC 1495
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
4
2
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メチルビニルケトン(略称:MVK)は、エノンに分類される反応性の高い有機化合物である。消防法に定める第4類危険物 第1石油類に該当する[2]

性質[編集]

可燃性で刺激臭のある有毒の無色の液体。メタノールエタノールアセトン酢酸に容易に溶ける。

製法[編集]

工業的にはアセトンとホルムアルデヒド脱水縮合によって合成される。

用途[編集]

有機合成化学では、マイケル反応のアクセプターとして振る舞うのでアルキル化剤として使われる。また、高分子化学では自発的に重合するため、プラスチックの重合体として使われる。さらに、ステロイドビタミンA合成の中間体でもある。

毒性[編集]

メチルビニルケトンは非常に有害性が高く、低濃度であっても吸入すると呼吸困難の原因となる。また、容易に皮膚、目、粘膜の炎症を引き起こす。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 6052.
  2. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]