メチルエチルケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メチルエチルケトン
メチルエチルケトンの構造式メチルエチルケトンの分子モデル
一般情報
IUPAC名 2-ブタノン
別名 MEK
2-ブタノン
エチルメチルケトン
分子式 C4H8O
分子量 72.11 g/mol
形状 無色液体
CAS登録番号 [78-93-3]
SMILES CCC(=O)C
性質
密度 0.805 (20 ℃) g/cm3, 液体
融点 −86 °C
沸点 79.5 °C
屈折率 1.3814 (15 ℃)

メチルエチルケトン(methyl ethyl ketone、MEK)は、ケトンに分類される有機溶媒の一種。示性式は CH3COC2H5IUPAC命名法では 2-ブタノン (2-butanone)、もしくはエチルメチルケトン (ethyl methyl ketone) と表される。 消防法による危険物(第四類 引火性液体、第一石油類(非水溶性液体)(指定数量:200L)[1])に指定されている有機化学物質。引火点 −9 ℃、沸点 79.5 ℃、発火点 404 ℃。 無色の液体で、特異な匂いがある。にかなり溶けるが、水との混合物は均一な外観を維持しない。塗料溶剤や合成樹脂の原料となる。

合成[編集]

ブテン付加して得られる2-ブタノールを原料に、亜鉛触媒を用いて脱水素することで生産される[2]。メチルエチルケトンの 2007年度日本国内生産量は 300,789t である[3]

その他[編集]

メチルエチルケトンで輸送事故が生じた場合は厚生労働省の通知「毒物および劇物の事故時における応急措置に関する基準」に従う必要がある。例えば、応急措置として以下のような作業を勧めている。「漏洩した液が少量の場合は土砂等に吸収させて空容器に回収する。 多量の場合は、土砂等でその流れをせき止め液の表面を泡で覆いできるだけ空容器に回収する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メチルエチルケトン(MEK)
  2. ^ 触媒工業協会 石油化学製品製造用触媒(その3) ~ 脱水素触媒
  3. ^ 日本国 経済産業省・化学工業統計月報