ジエチルケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジエチルケトン
ジエチルケトン
一般情報
IUPAC名 3-ペンタノン
分子式 C5H10O
分子量 86.13 g/mol
形状 液体
CAS登録番号 [96-22-0]
SMILES CCC(=O)CC
性質
密度 0.816 (19 ℃) g/cm3,
融点 -42 °C
沸点 101 °C
屈折率 1.3905 (25 ℃)

ジエチルケトン (diethyl ketone) は、ケトンに分類される有機化合物の一種である。示性式は CH3CH2COCH2CH3IUPAC命名法では 3-ペンタノン (3-pentanone) と表される。融点 −42 ℃、沸点 101 ℃ の無色かわずかに薄い黄色の液体で、アセトンに似た臭いがある。に少し溶け (1.7 g/100 mL, 20 ℃)、エタノールベンゼンジエチルエーテルとは任意に混和する。引火点は 13 ℃ で、常温で引火する。

価格が高く有機溶剤としての利点に欠けるため、同じケトンでもアセトンメチルエチルケトンメチルイソブチルケトンに比べ利用されることは少ない。

合成系[編集]

ジエチルケトンは工業的にはプロピオン酸を金属触媒で酸化して製造する。:

2 CH3CH2CO2H → (CH3CH2)2CO + CO2 + H2

オクタカルボニル二コバルトCo2(CO)8 を触媒に用いるとジエチルケトンはエチレン一酸化炭素から生成できる。この場合、エチレン-プロピオニル種[CH3C(O)Co(CO)3(ethylene)]が[CH3COCH2CH2Co(CO)3]の形を経由する。必要となる水素は水性ガスシフト反応によって供給される。詳しくは[1]

Conversion of ethylene to diethyl ketone using a cobalt carbonyl, while the reaction used a cobalt carbonyl diphosphine complex for clarity the reaction has been drawn out, assuming that a cobalt carbonyl is responsible for the reaction


  1. ^ Murata K., Matsuda A. (1981). "Application of Homogeneous Water-Gas Shift Reaction III Further Study of the Hydrocarbonylation – A highly Selective Formation of Diethyl Keton from Ethene, CO and H2O". Bulletin of the Chemical Society Japan 54 (7): 2089–2092. doi:10.1246/bcsj.54.2089.