メスト・ユルマズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メスト・ユルマズ
Mesut Yılmaz

トルコの旗 トルコ共和国
第48, 53, 55代首相
任期 1991年6月23日1991年11月20日
任期 1996年3月6日1996年6月28日
任期 1997年6月30日1999年1月11日

出生 1947年11月6日
イスタンブール
政党 祖国党
配偶者 ベルナ・ユルマズ
署名 Mesut Yılmaz signature.png

メスト・ユルマズトルコ語Ahmet Mesut Yılmaz1947年11月6日‐)は、トルコ共和国政治家首相1991年6月23日 - 1991年11月20日1996年3月6日 - 1996年6月28日1997年6月30日 - 1999年1月11日)。

経歴[編集]

ユルマズはイスタンブールで生まれた。1971年アンカラ大学社会科学学部を卒業。ドイツケルン大学に留学し、帰国後は民間企業で勤務した。1983年5月の祖国党設立に参加し、副党首に就任。同年の総選挙でリゼ選挙区から立候補し、国会議員に当選した。

第1次オザル内閣では、1983年に情報担当国務相、1986年に文化観光相に就任。1987年の第2次オザル内閣で外相。1989年アクブルト内閣でも引き続き外相を務めた。

1991年の祖国党党大会でアクブルトを破って党首に選出され、同年6月に首相に就任したが、同年実施された総選挙の敗北を受けて半年余りで首相を辞任した。

1993年の大統領オザルの死去を受けて、祖国党内の権力基盤を確立。オザル時代の親イスラーム路線を修正し、世俗主義色を強めた。

1995年の総選挙の後、イスラーム系政党の福祉党の政権獲得を阻止するために、正道党と連立を組んで再度首相に返り咲いたが、両党間の確執から僅か3ヶ月で退陣した。その後成立した福祉党のエルバカン政権が、軍部の圧力により1997年に退陣すると、3度目となる組閣を行った。

ユルマズ内閣は、1998年に汚職疑惑により総辞職し、後任のエジェヴィト内閣のもとで1999年に総選挙が実施された。総選挙後、民主左派党民族主義者行動党祖国党によるエジェヴィト連立政権が発足、ユルマズも副首相として入閣した。

2002年の総選挙では、公正発展党の躍進のため、祖国党は議席を獲得できず、ユルマズも党首を辞任した。2005年に首相在任時の汚職容疑で訴追されたが、翌年の最高裁判決により無罪とされた。2006年に政界復帰を宣言し、2007年の総選挙で無所属でリゼ選挙区から国会議員に出馬して当選。政界復帰を果たした。

外部リンク[編集]