スアト・ハイリ・ウルギュプリュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スアト・ハイリ・ウルギュプリュ
Ali Suat Hayri Ürgüplü
Suat Ürgüplü.jpg

トルコの旗 トルコ共和国
第29代首相
任期 1965年2月5日1965年10月27日

出生 1903年8月13日
Ottoman flag.svgオスマン帝国ダマスカス
死去 1981年
イスタンブール
政党 公正党

アリ・スアト・ハイリ・ウルギュップリュAli Suat Hayri Ürgüplü, 1903年8月13日1981年)は、トルコ法律家外交官政治家1965年に第29代トルコ共和国首相を務めた。

経歴[編集]

当時オスマン帝国領だったシリアダマスカスで生まれる。父ウルギュプリュ・ハイリ・エフェンディは第一次世界大戦中にオスマン帝国の宗教相を務めたイスラム教神学者で、祖先には18世紀にオスマン帝国の大宰相を務めたネヴシェヒルリ・ダマト・イブラヒム・パシャがいる。ガラタサライ高校を卒業後、イスタンブール大学法学部に学び、1926年に卒業、官吏となる。トルコ・ギリシャ間の住民交換作業に従事。1929年‐1932年は商業裁判所に勤務。

1939年、カイセリ選挙区選出のトルコ大国民議会議員となる。1947年にシュクリュ・サラジオウル内閣に租税・専売相として入閣。1950年、民主党所属議員として議会に復帰。しかし1952年に議員を辞し、駐西ドイツ大使、駐大使、駐大使、駐スペイン大使を務める。1961年、公正党から上院議員に選出され、上院議長となった。

1965年2月、イスメト・イノニュ内閣の連立崩壊を受けてジェマル・ギュルセル大統領から組閣を要請され、公正党を中心とした暫定連立内閣を組閣した。この内閣は議会の信任を経ておらず、10月の総選挙までの管理内閣であった。

その後、上院議員を1972年まで務めた。1981年にイスタンブールで死去した。

外部リンク[編集]