メザニンファイナンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メザニンファイナンスとは、エクイティ(普通株式)とデット(シニアローン・普通債券)の中間的性質をもつ金融手法のことである。メザニンは中二階の意味。

概要[編集]

メザニンファイナンスには、劣後ローン劣後債優先株式種類株式ハイブリッドファイナンスなどの種類がある[1]

いずれもシニアローン・普通債券(ローリスク・ローリターン)よりは返済順位が低い代わりにリターン(金利・利率・配当率)が高い一方、普通株式・ピュアエクイティ(ハイリスク・ハイリターン)よりは優先的に返済・支払・分配・配当が受けられる代わりにリターン(配当率)は低いため、ミドルリスク・ミドルリターンだと云える。

劣後ローン・劣後債
財務会計上は負債の扱いとなる。要件次第で、金融機関自己資本規制比率や、金融機関の内部格付上で、自己資本の一部とみなせる。
優先株式・種類株式
財務会計上は資本の扱いとなる。普通株式より、優先的に配当を受けることができる一方、無議決権となっている場合が多い。
ハイブリッドファイナンス
劣後ローン・劣後債・優先株式等のうち、格付け機関により一定の資本認定を受けられるもののことを指す。

脚注[編集]