クリアリングハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清算機関から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

クリアリングハウスは以下の意味で用いられる。

以下、金融に関係するクリアリングハウスについて記載する。


クリアリングハウス(英語: Clearing House。清算機関とも)とは、金銭(手形小切手を含む)、有価証券デリバティブ取引等の決済の円滑実施を目的とした事業を行う法人の形態。

クリアリングハウスと同じ概念、もしくはクリアリングハウスの一分類として、中央清算機関(英語: Central Counterparty、Central Counterparty Clearing House。略語: CCP)という語も用いられる。

多くのクリアリングハウスがクリアリング(清算とも)を主体的に実施しており、(クリアリングプロセスの後の)決済プロセスの一当事者ともなっている。

手形交換所はクリアリングハウスの一種であるが、手形交換所(のみ)を指して「クリアリングハウス」の語が使われることもある[1]

日本の法律[編集]

クリアリングハウスの例[編集]

金銭等[編集]

有価証券[編集]

株式債権等。いずれも金融商品取引清算機関。

デリバティブ取引[編集]

日本証券クリアリング機構・東京金融取引所は金融商品取引清算機関。日本商品清算機関は商品取引清算機関。

中央清算機関[編集]

以下の例のように、「クリアリングハウス」ではなく「中央清算機関」という語が特によく用いられる文脈が存在する。

  • 店頭デリバティブ規制の文脈(例: 2009年に行われたG20サミット首脳声明では、店頭デリバティブ取引は中央清算機構を介した決済が行われるべきであるとされた[2])。

脚注[編集]

その他[編集]