スワップ取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スワップ取引: swap)とは、デリバティブ取引の1種で、あらかじめ決められた条件に基づいて、将来の一定期間にわたり、キャッシュ・フローを交換する取引である。

スワップ取引の種類[編集]

金利スワップ
同一通貨のキャッシュ・フローを交換する取引で、固定金利と変動金利を交換する取引が代表的なものである。この取引における金利に係る元本は想定元本と呼ばれ、実際には交換されず、単に利払金額を算定するための名目的なものである。円の金利スワップは特に円円スワップと呼ばれる。また、変動金利同士を交換するスワップ取引はベーシス・スワップと呼ばれる。
通貨スワップ
ドルなど、異なる通貨のキャッシュ・フローを交換する取引をいう。外貨建債権・債務の為替リスクのヘッジなどを目的として行われる。通常は、金利の交換のみならず、取引の開始及び終了時点で元本の交換も行われるが、元本の交換を伴わない通貨スワップを特にクーポン・スワップと呼ぶ。
為替スワップ
直物為替と、反対方向の先物為替とを組み合わせたスワップ取引をいう。
リカバリースワップ
CDS (Credit Default Swap) に関連した、デリバティブ契約。
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)
定期的な一定金額の支払と引替えに、特定の企業に関して一定の信用事由として規定された事由の発生があったときに一定の方法による決済を行うことを約束するもの。信用リスクとリターンを第三者に移転させるものであり、保証に類似する。
トータル・リターン・スワップ(TRSまたはTRORSなど)
定期的な一定金額の支払と引替えに、特定の金融商品に関するリスク(信用リスクに限らない。)とリターンを移転させるものである。例えば時価で100億円の株式についてTRSを締結した場合、売り手は当該株式を保有したまま、保有することによるリスクを完全に回避することができる。一方で、売り手はバランスシート上に載せずに当該株式についてエクスポージャーを取ることができる。また、買い手にとっては株式を購入するほどの現金の支出を伴わずにエクスポージャーを取り、レバレッジをかけることができる点もメリットである。
エクイティースワップ
片方または両方のキャッシュ・フローが株価、あるいは株価指数に連動しているスワップ取引。
(「スワップ取引」と呼称される先物取引)
日本の商品取引所である東京商品取引所は、同取引所において上場されている石油関連のデリバティブ取引の一部を、「石油スワップ取引」と呼んでいる[1]。それらの取引群は同取引所が述べている[1]ように、先物取引(現金決済先物取引)である[2]

参照[編集]

  1. ^ a b [1]。アーカイブ: [2]
  2. ^ 一般論として、現金決済先物取引が、定義上スワップ取引の範囲内にあるかどうかについての言及を発見できず