ムグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムグラ(葎)は、密生し藪をつくる。荒地や湿地などに雑草として生える。ウグラモグラとも。

が生えているものが多い(トゲナシムグラのような例外もある)。種子には鉤状の小刺があり、ひっつき虫となる。

アカネ科アカネ亜科フタバムグラ属を中心に近縁の数属に、ムグラを和名に含む種がある。ただし、特定のタクソン系統を指す言葉ではなく、たとえばフタバムグラ属にはほかにキヌタソウ類やカワラマツバ類も含まれる。またカナムグラはアカネ科ではない。

人が訪れず荒れ果てたさまを表すのにムグラの言葉が使われる。

ムグラを和名に含む種[編集]