ひっつき虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひっつき虫(ひっつきむし)は、かぎ針フック)や逆さとげによってヒト動物皮膚衣類に引っかかったり、粘液によって張り付いたりする、植物種子果実俗称である。くっつき虫ともいう。ひっつきもっつきあばづぎと呼ぶ地方もある。

運ばれるのが種子そのものではなく、散布体としての果実や、あるいは小穂が運ばれる単位である場合が多い。しかし、たいてい果肉は薄く、日常感覚では種子と捉えられるものが多いため、ここでは区別なく一括して種子として説明する。

概要[編集]

山林野原などを歩いたあと、衣類を検めると、これらの種子が引っかかっていることが多い。動物側には利益はなく、場合によっては、付着装置である針や鉤によっていやな思いをしたり、場合によっては傷つくこともある。ヒトや動物など移動するものにくっつくことで生息地域を広めることができる、いわゆる適応である。

棘が若干堅くて痛いので、子ども同士のいたずらなどにも用いられる。

くっつく仕組み[編集]

くっつくための仕組みにも、さまざまなものがある[1]

鉤を持つもの
その表面に突き出した針の先が鉤になっていて、それによって引っ掛かるようになっているもの。
(例) オナモミ属(キク科)、ヤブジラミ属(セリ科)、キンミズヒキ(バラ科)、ハエドクソウ(ハエドクソウ科)、クリノイガ[2](イネ科)など。
細かい鉤が密生するもの
種子の端や表面にごく小さな鉤が並んでいて、面ファスナーのように張り付くもの。
(例)ヌスビトハギ属(マメ科)、ヤエムグラ(アカネ科)など。
逆さとげを持つもの
コセンダングサの逆さとげ
逆向きのとげのある突起があるもの。
(例)センダングサ属(キク科)、チカラシバササクサ(イネ科)など。
鉤になるもの
種子表面から突き出て、すぐに折れ曲がって寝た針があって、これによって引っ掛かるもの。
(例) イノコズチ属(ヒユ科)など。
粘液を出すもの
種子表面に粘液毛などを持ち、それによって粘り着くもの。
(例) メナモミノブキ(キク科)、チヂミザサ(イネ科)など。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ひっつきむしの図鑑』、3-7頁。
  2. ^ クリノイガは皮膚に刺さるほど鋭い針である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]