メナモミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メナモミ
Sigesbeckia pubescens 1.JPG
福島県会津地方 2009年9月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: メナモミ属 Sigesbeckia
: メナモミ S. pubescens
学名
Sigesbeckia pubescens (Makino) Makino
シノニム
  • Sigesbeckia orientalis L. subsp. pubescens (Makino) Kitam. ex H.Koyama
和名
メナモミ(雌ナモミ)

メナモミ(雌ナモミ、学名Sigesbeckia pubescens)は、キク科メナモミ属一年草

特徴[編集]

は直立し、高さは60-120cmになり、上部には、茎ともに白い開出毛が密生する。葉は翼がある葉柄をもって対生し、形は卵形、3角状卵形で、長さ7.5-19cm、幅6.5-18cmになり、縁にはあらい鋸歯がある。

花期は9-10月。枝分かれした茎の上部に円錐花序に多数の頭花をつける。総苞片は5個で長さ10-12mmになり、柄がある腺が多数つく。頭花は黄色で、頭花の周辺に3裂した舌状花がつき、中央に5裂した筒状花がつく。果実痩果で長さ2.5-3.5mmになる。

分布と生育環境[編集]

温帯から亜熱帯に生育する。日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の路傍や荒れ地、ごみために生育する。アジアでは中国、朝鮮に分布する。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]