ミルトン・マルガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミルトン・オーガスタス・ストリーバイ・マルガイ(Milton Augustus Strieby Margai、1895年12月7日1964年4月28日)はシエラレオネの政治家(SLPPの創立者)で、初代首相である。

彼は1895年イギリス保護領のシエラレオネ南部のメンデ族の裕福な商人の息子として、またメンデ族の戦士長の孫として生まれた。福音同胞教会学校で教育を受け、中等学校はアルバート・アカデミーに入り、大学では1921年フォーラー・ベイ・カレッジで歴史の学士号を獲得。その後イギリスに留学し、ダラム大学キングス・カレッジ医学スクールで修士学位を取得。1926年に保護領での最初の医者になるため、医学を学び卒業した。1928年に高齢者医療官への政府のサービスに入る。1950年に彼はシエラレオネ人民党(SLPP)を結成しSLPPの初代代表者になる。1958年の選挙でミルトン・マルガイ率いるSLPPが大勝しミルトン・マルガイはシエラレオネ初代首相に就任し、1960年にイギリスロンドンに代表団を派遣してシエラレオネの完全独立を認めるよう要求した。翌年の1961年にシエラレオネがついに、イギリスから独立を達成するとミルトン・マルガイが独立初代の首相にも就任し、1964年4月28日に死亡するまで首相を務めた。その後、彼の異母兄弟であるアルバート・マルガイ1967年まで首相を引き継いだ。

1956年にイギリスの支援で設立されたミルトン・マルガイ盲学校は彼の名に因んでいる。

先代:
(初代)
シエラレオネの首相
1961年 - 1964年
次代:
アルバート・マルガイ