ミュータンス菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュータンス菌
Streptococcus mutans Gram.jpg
ミュータンス菌
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: フィルミクテス門門
Firmicutes
: バシラス綱
Bacilli
: ラクトバシラス目
Lactobacillales
: ストレプトコッカス科
Streptococcaceae
: レンサ球菌属
Streptococcus
: ミュータンス菌
S. mutans
学名
Streptococcus mutans
Clarke 1924

ミュータンス菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性通性嫌気性連鎖球菌の一種のことである。ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。虫歯菌の別名でも有名。1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。

概要[編集]

ミュータンス菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。なおミュータンス菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。S. mutansS. sobrinusなどがあるが、それら全てがミュータンス菌と考えられていた。しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。

ミュータンス菌(Streptococcus mutans)


高病原性株[編集]

標準菌と異なる糖鎖を持つグルコースの側鎖を持たない菌株は高病原性株と呼ばれ、白血球に貪食されにくく、血液中に菌が存在する菌血症状態となり、全身に病原性をもたらす。現在では、脳出血や潰瘍性大腸炎への関与が疑われている。 高病原性株TW295 への感染は、潰瘍性大腸炎の発症リスクを高めているとの研究がある[1][2]

う蝕における役割[編集]

ミュータンス群は7菌種に分類されているが、ヒトの口腔内に存在するのはS. mutansS. sobrinusで、ともにう蝕に関与している。S. mutansは、菌体内に保持する酵素群により以下に示すようなう蝕過程の反応を活性化させる。

  1. スクロース(グルコースとフルクトースからなる二糖)を基質として、グルコシルトランスフェラーゼによりグルカンを産生する。このグルカンにより、菌は歯の平滑面に対しても強い付着能を有し、プラーク歯垢)を形成させる。
  2. スクロースやマルトースなどの糖類を代謝することにより乳酸を産生する。この結果、口腔内環境は酸性(最高でpH4近く)になり、エナメル質脱灰が起こる。特に、プラーク歯垢)内は唾液によるpHの緩衝作用が弱いためう蝕になりやすい。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ミュータンス菌 脳出血と潰瘍性大腸炎にも関与日経メディカルオンライン 記事:2012年5月23日
  2. ^ 口腔細菌ミュータンス菌特異株の感染は潰瘍性大腸炎のリスクを高める