ラクトバシラス目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラクトバシラス目
Lactobacillus sp 01.png
上皮細胞とその近くにいるラクトバシラス属細菌
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フィルミクテス門 Firmicutes
: バシラス綱 Bacilli
: ラクトバシラス目 Lactobacillales

ラクトバシラス目(Lactobacillales)とは、乳酸菌を主とした菌を含むフィルミクテス門の細菌の目の一つである。自然界で生成され、植物にも存在する。ヨーグルトチーズバターバターミルクのような乳酸菌を含む醗酵食品にも広く使用されている。

乳酸菌としての分類の歴史[編集]

乳酸菌の分類体系は、1900年代にグラム陽性乳酸発酵(ホモ発酵またはヘテロ発酵)によりラクトバシラス属ペディオコッカス属ストレプトコッカス属ロイコノストック属の4属とされた。これに形状(桿菌及び球菌)、カタラーゼ陰性が条件に加えられた。1980年台には細胞壁ペプチドグリカン組成、菌体脂肪酸組成によりストレプトコッカス属からラクトコッカス属エンテロコッカス属が独立し、ラクトバシラス属からカルノバクテリウム属が独立した。同時期にDNAGC含量が利用されるようになり、乳酸菌はグラム陽性の低GC含量群に含められた。1990年代、16S rRNA系統解析が導入された結果、乳酸菌のほとんどがラクトバシラス目に含まれることとなった。Bergey's Manual of Systematic Bacteriology 第2版により、ラクトバシラス目は、アエロコックス科カルノバクテリウム科エンテロコッカス科ラクトバシラス科ロイコノストック科レンサ球菌科(ストレプトコッカス科)の6科に分類された[1]

系統樹[編集]

現在受け入れられている分類法は、List of Prokaryotic names with Standing in Nomenclatureの原核生物名リストに基づいており[2] [3]、系統分類は、'The All-Species Living Tree' Project16S rRNA系統解析のLTPリリース106に基づいている[4]

ラクトバシラス目

Aerosphaera taetraHutson & Collins 2000

Carnococcus allantoicusTanner et al. 1995

Aerococcaceae

Granulicatella Collins and Lawson 2000

Atopobacter phocae Lawson et al. 2000

Bavariicoccus seileri Schmidt et al. 2009

Trichococcus Scheff et al. 1984 emend. Liu et al. 2002

Lactobacillus algidus Kato et al. 2000

Lactobacillus species group 2

Lactobacillus Beijerinck 1901 emend. Cai et al. 2012

Leuconostocaceae

Lactobacillus species group 3

Lactobacillus species group 4

Lactobacillus species group 5

Lactobacillus species group 6

Pediococcus Claussen 1903

Lactobacillus species group 7

Carnobacterium Collins et al. 1987

Isobaculum melis Collins et al. 2002

Carnobacteriaceae 2 [incl. various Carnobacterium sp.]

Desemzia incerta (Steinhaus 1941) Stackebrandt et al. 1999

Enterococcaceae & Streptococcaceae

(続く)

Lactobacillales part 2 (続き)[編集]

Lactobacillales part 2

Vagococcus fessus Hoyles et al. 2000

Vagococcus Collins et al. 1990

Catellicoccus marimammalium Lawson et al. 2006

Enterococcus (ex Thiercelin and Jouhaud 1903) Schleifer and Kilpper-Bälz 1984

Enterococcus phoeniculicola Law-Brown and Meyers 2003

Enterococcus species group 2 [incl. Melissococcus plutonius & Tetragenococcus]

Enterococcus species group 3

Enterococcus species group 4

Enterococcus raffinosus Collins et al. 1989

Enterococcus avium (ex Nowlan and Deibel 1967) Collins et al. 1984

Enterococcus pallens Tyrrell et al. 2002

Enterococcus hermanniensis Koort et al. 2004

Pilibacter termitis Higashiguchi et al. 2006

Streptococcaceae

脚注[編集]

  1. ^ 石川 森夫、「近年の乳酸菌の分類体系とCarnobacteriaceae 科および Aerococcaceae 科の分類学的特徴」『日本乳酸菌学会誌』2012年 23 巻 1 号 14-23 DOI https://doi.org/10.4109/jslab.23.14
  2. ^ See the w:List of Prokaryotic names with Standing in Nomenclature. Data extracted from J.P. Euzéby. “Bacilli”. 2013年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月17日閲覧。
  3. ^ See the NCBI webpage on Bacilli Data extracted from Sayers. “NCBI Taxonomy Browser”. w:National Center for Biotechnology Information. 2012年5月17日閲覧。
  4. ^ See the w:'The All-Species Living Tree' Project [1]. Data extracted from the 16S rRNA-based LTP release 106 (full tree)”. w:Silva Comprehensive Ribosomal RNA Database. 2012年5月17日閲覧。