ミヤマハコベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヤマハコベ
Stellaria sessiliflora 1.JPG
福島県中通り地方 2017年5月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ハコベ属 Stellaria
: ミヤマハコベ S. sessiliflora
学名
Stellaria sessiliflora Y.Yabe[1]
シノニム
  • Stellaria franchetii Honda[2]
  • Stellaria franchetii Honda var. sessiliflora (Y.Yabe) Honda[2]
  • Stellaria japonica Makino[2]
  • Stellaria nemorum L. var. japonica Franch. et Sav.[2]
  • Stellaria sessiliflora Y.Yabe var. japonica (Franch. et Sav.) Ohwi[2]
和名
ミヤマハコベ(深山繁縷)[3]

ミヤマハコベ(深山繁縷、学名:Stellaria sessiliflora)は、ナデシコ科ハコベ属多年草[2][3][4]

特徴[編集]

の高さは10-35cmになり、叢生して分枝し、はじめ斜上するが、のちに下部は地面を這うように広がる。茎は円柱形で緑色をし、片側または両側に毛が生える。は対生し、葉身は卵形から心形で、長さ1-4cm、幅0.7-2.5cmになり、先端は鋭頭から鈍頭または鋭尖頭で、基部はやや心形、長さ1.5cmになる葉柄があり、基部と葉柄に長い軟毛が生える。葉の表面は無毛、裏面の葉脈上に微毛がある[2][3][4]

花期は5-7月。の径は1-1.5cm、1個が上部の葉腋につき、無柄または細く長い有毛の花柄の先につく。片は5個、長楕円状披針形になり長さは4-6mm、先端が鋭形になり、背面に長さ1mmになる長い白い軟毛が生えるため、蕾の状態で長い毛がよく目立つ。花弁は白色で5個、萼片より長く、深く2裂するので一見10弁花に見える。雄蕊は10個あり、葯は黄白色になる。子房の上にふつう3個の花柱がある。果実は卵形から球形の蒴果となり、長さは5mmで6裂する。種子は赤褐色になり、径1-1.5mmの腎円形で、表面は先端が丸い小突起物に覆われる。しばしば、夏から秋にかけて閉鎖花をつけることがある[2][3][4][5]

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道(西南部)、本州、四国、九州に分布し、山地の半日陰の水辺、谷沿いなどの湿り気のある場所に生育する[2][3][4]。国外では済州島に分布する[2]

和名にミヤマ(深山)とつくが、特に深山に多いわけではなく、低山でも割と普通に見られる。平地や山野、道ばたなどに普通に見られるコハコベ S. media と比べると花が大きい[5]

名前の由来[編集]

種小名(種形容語)sessiliflora は、「無柄花の」の意味[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミヤマハコベ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e f g h i j 『改訂新版 日本の野生植物4』p.124
  3. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.259
  4. ^ a b c d e 『新牧野日本植物圖鑑』p.85, p.1347
  5. ^ a b 『新装版山溪フィールドブックス9 春の野草』p.274

参考文献[編集]

  • 永田芳男著『新装版山溪フィールドブックス9 春の野草』、2006年、山と溪谷社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 4』、2017年、平凡社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)