ミツバベンケイソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミツバベンケイソウ
Hylotelephium verticillatum 1.JPG
福島県浜通り地方 2018年9月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ上類 Superrosids
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ベンケイソウ科 Crassulaceae
: ムラサキベンケイソウ属 Hylotelephium
: ミツバベンケイソウ
H. verticillatum
学名
Hylotelephium verticillatum (L.) H.Ohba[1]
シノニム
  • Sedum verticillatum L.[2]
  • Sedum telephium L. subsp. verticillatum (L.) Fröd.[3]
和名
ミツバベンケイソウ(三つ葉弁慶草、三葉弁慶草)[4][5]

ミツバベンケイソウ(三つ葉弁慶草、三葉弁慶草、学名Hylotelephium verticillatum )は、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属多年草[4][5][6]

特徴[編集]

地下に小塊状の根茎をもつ。は直立まれに斜上し、高さは20-80cmになり、円柱状で、多肉質で強い。茎の表面は毛や稜がなくつるつるしており、緑色で白っぽく、ときに紫色になる。葉はふつう3輪生、まれに4-5輪生し、また小型の株では対生することがある。葉身は厚く、楕円形、長卵形、広披針形で、長さ3-10cm、幅1.5-3cm、先はやや鋭頭、基部は鋭形で長さ2-10mmになる葉柄につづき、縁に波状の低い鋸歯がある。表面はうす緑色で、裏面は粉白色をおびる[4][5][6]

花期は8-9月。茎先に球形で大型の複散房状の花序をつけ、淡黄緑色のが密につき、葉状のがある。片は5個で基部で合生し、長さ約1mmで三角状卵形になる。花弁は5個で離生して平開し、長さ約4mmになる広披針形で先は鋭頭。雄蕊は2輪で10個あり、花糸は花弁より長く、裂開直前の葯はふつう淡黄色まれに暗褐色になる。雌蕊は5個で長さ約4mmになり、子房の基部は細まる。果実は5個の袋果に分かれて立ち、晩秋に熟す。種子は褐色で細かく、袋果の腹側が縦に裂けて種子を散らす[4][5][6]

本州西部に分布するものは、茎の下部が地上を這い、上部のみが斜上して、比較的長い葉柄をもって対生するものがある。本州中部地方以西、四国、九州に分布する同属のアオベンケイ H. virideに似てまぎらわしい[6]

分布と生育環境[編集]

日本では、南千島、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林縁や林中の岩礫地、渓流沿いの岩上や川原などに生育する。国外では、朝鮮半島中国大陸シベリア東部、サハリン千島列島カムチャツカ半島に分布する[4][6]

名前の由来[編集]

和名ミツバベンケイソウは、「三葉弁慶草」の意で、葉がふつう3輪生することによる[5]

属名 Hylotelephium は、Hyle「林」とTelephium「ベンケイソウ」による合成語で、1977年に新属ムラサキベンケイソウ属を提唱した大場秀章による[6]。種形容語 (種小名verticillatum は、「輪生の、環生の」の意味[5]

ギャラリー[編集]

下位分類[編集]

  • ショウドシマベンケイソウ Hylotelephium verticillatum (L.) H.Ohba var. lithophilos H.Ohba[7] - 葉身は長楕円形、卵形、披針形または倒披針形で、長さ3-9cm、幅3-4.5cm、縁に6-8対の浅い円鋸歯があり、長さ1-1.8cmになる葉柄をもって対生する。関東地方以西の本州と四国(小豆島、高知県)に分布し、石灰岩地の岩場などに生育する。
  • コモチミツバベンケイソウ Hylotelephium verticillatum (L.) H.Ohba f. bulbiferum (N.Yonez.) Yonek.[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミツバベンケイソウ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ミツバベンケイソウ(シノニム) 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ ミツバベンケイソウ(シノニム) 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.291
  5. ^ a b c d e f 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.532, p.1519
  6. ^ a b c d e f 『改訂新版 日本の野生植物 2』pp.216-217
  7. ^ ショウドシマベンケイソウ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  8. ^ コモチミツバベンケイソウ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]

  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 2』、2016年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、邑田仁・米倉浩司編集『新分類 牧野日本植物図鑑』、2017年、北隆館
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)