ミスター・ビッグ・スタッフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミスター・ビッグ・スタッフ
ジーン・ナイトシングル
初出アルバム『Mr. Big Stuff
B面 Why I Keep Living These Memories
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ジャクソン、マラコ・スタジオ(1970年5月
ジャンル ソウル
時間
レーベル スタックス・レコード
作詞・作曲 ジョゼフ・ブラウザード
キャロル・ワシントン
ラルフ・ウィリアムズ
プロデュース ワーデル・ケゼルグ
ゴールドディスク
ダブル・プラチナ・ディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ジーン・ナイト シングル 年表
ミスター・ビッグ・スタッフ
(1971年)
You Think You're Hot
(1971年)
ミュージックビデオ
「Mr. Big Stuff」 - YouTube
テンプレートを表示

ミスター・ビッグ・スタッフ」(Mr. Big Stuff)は、ニューオリンズ出身の女性歌手、ジーン・ナイトが1971年に発表したヒット曲。ダブル・プラチナ・ディスクとゴールドディスクに輝いた[2]

概要[編集]

1970年初め、ソングライターのラルフ・ウィリアムズはジーン・ナイトを見初め、プロデューサーのワーデル・ケゼルグを紹介する。その頃ナイトは歌手の道を断念し、ニューオリンズのロヨラ大学のカフェテリアでパンを焼いて生計を立てていた。同年5月、ミシシッピ州ジャクソンのマラコ・スタジオで本作品がレコーディングされる。ワーデル・ケゼルグは「ミスター・ビッグ・スタッフ」を様々なレコード会社に売り込むが、販売を引き受ける会社はなかった。1971年1月、キング・フロイドの「グルーヴ・ミー」がソウルチャートで1位を記録。このときスタックス・レコードの社内に「グルーヴ・ミー」がマラコ・スタジオで録音されたことを思い出したプロデューサーがいたため、運良くスタックスでの配給が決定する[3]

1971年3月にシングルのA面として発売[1]。同年8月14日から8月21日にかけてビルボード・Hot 100で2週続けて2位を記録した[4][5]。またソウルチャートの1位を記録。1971年の年間チャートの18位を記録した。

同年10月2日から『ソウル・トレイン』の放送が始まるが、12月11日の回でナイトは本作品を歌った[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 45cat - Jean Knight - Mr. Big Stuff / Why I Keep Living These Memories - Stax - USA - STA-0088
  2. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 296. ISBN 0-214-20512-6. 
  3. ^ Mr. Big Stuff by Jean Knight Songfacts
  4. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF AUGUST 14, 1971
  5. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF AUGUST 21, 1971
  6. ^ Soul Train - Season 1, Episode 11: Jean Knight/ The Delfonics/ Maurice Jackson/ Ralphi Pagan”. TV.com (1971年12月11日). 2016年2月25日閲覧。


先代:
ウィルソン・ピケット
「ドント・ノック・マイ・ラヴ」
Best Selling Soul Singles ナンバーワンシングル
1971年7月3日 - 7月31日(5週)
次代:
ジェームズ・ブラウン
「ホット・パンツ」