ミゲール・コット 対 リカルド・マヨルガ戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リレントレス
ミゲール・コット 対 リカルド・マヨルガ戦
開催日 2011年3月12日
認定王座 WBAスーパー・世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
開催地 アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
リングアナ ジミー・レノン・ジュニア
放送局 ショウタイム
実況・解説 ジム・グレイ(進行役)
ブライアン・ケニー(リポーター)
アル・バーンスタイン(解説)
マウロ・ラナーロ(実況)
主催 ボブ・アラムトップランク
ドン・キング(ドン・キング・プロダクションズ)
ゲーリー・ショウ(ゲーリー・ショウ・プロダクションズ(ミゲル・バスケスvsレオナード・ザッパヴィグナ戦のみ提供))
ミゲール・コット(プロモーシオーネ・ミゲール・コット)
フェルナンド・ベルトラン(サンフェル・プロモーションズ(ミゲル・バスケスvsレオナード・ザッパヴィグナ戦のみ提供))

ミゲール・コット 対 リカルド・マヨルガ
Junito El Matador(闘牛士)
比較データ
30歳 年齢 37歳
ロードアイランド州プロビデンス 出身地 マナグア県マナグア
35勝 (29KO)2敗 戦績 29勝 (23KO) 7敗1分
5 フィート 7 インチ (170.2 cm) 身長 5 フィート 9 インチ (175.3 cm)
左フック、左ボディブロー、堅守のスィッチヒッター 特徴 強打のラフファイター
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者 評価 WBA世界スーパーウェルター級6位・元世界2階級制覇王者(元ウェルター級統一王者)

結果 コット12回53秒TKO勝ち
主審 ロバート・バード
副審 デュエイン・フォード
ジェリー・ロス
クリス・ウィルソン

ミゲール・コット 対 リカルド・マヨルガ戦(ミゲール・コット たい リカルド・マヨルガせん)は、2011年3月12日にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されたプロボクシングの試合。9か月前にヤンキー・スタジアムユーリ・フォアマンを破って王座を獲得したが、過去の実績を評価されてスーパー王座に昇格しての初防衛戦。コットとマヨルガには因縁がありキャッチコピーは『リレントレス(容赦なき戦い)』。前座にはIBF世界ライト級王者ミゲル・バスケスの防衛戦とユーリ・フォアマンの再起戦も行われた。この試合はショウタイムペイ・パー・ビューで生放送した。

背景[編集]

ミゲール・コットはマニー・パッキャオに敗れてWBO世界ウェルター級王座から陥落したが、スーパーウェルター級に転向して2010年6月25日ヤンキー・スタジアムで行われたWBA世界スーパーウェルター級王者ユーリ・フォアマンを破って初黒星をつけて王座を獲得した。試合後コットは肩を負傷していたため手術を行い、フォアマンとの試合しかできなかった。

リカルド・マヨルガはシェーン・モズリーとの対戦で逆転失神KO負けで少しブランクを作った。その後アルフレド・アングロとの対戦の話があったが、スパーリング中に肋骨を骨折したため試合がキャンセルになった。マヨルガのプロモーターでもあるドン・キングはわずかな時間でライバルのボブ・アラムと交渉を進めコットとの試合を締結させる。マヨルガはコットに個人的に因縁を作り、公式のプレゼンや会場入りで舌戦、前日計量であわや乱闘騒ぎが起きるなどピリピリしたムードになり、試合で清算出来るかどうか注目が集まった。

試合は最終12回にコットがマヨルガからダウンを奪い、その後マヨルガがレフェリーに手の異常を訴えストップを申し入れてストップ。コットが因縁を清算し初防衛に成功した。

メインイベント以外の放映カード[編集]

  • トミー・ズビコウスキー VS リチャード・ブライアント

後日ネット配信カード[編集]

  • ファン・ゴンサレス VS ジェレリー・マクラウリン
  • ヘスス・ロハス VS イサック・ヒダルゴ

外部リンク[編集]