ミカエル・コニアテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミカエル・コニアテスラテン文字表記:Michael Choniates, 1138年 - 1220年)は東ローマ帝国ニケーア帝国神学者詩人。弟のニケタス・コニアテスとともに文人として知られた。

フリュギア地方コーナイ(現在のトルコ西部)の貴族に生まれる。首都のコンスタンティノポリス神学者エウスタチオスに神学を学んだと言う。1182年アテネ府主教となり、以後ここで暮らす。主教としての説教書を著した他、アテネに住む人々の姿を生き生きと描いた詩を著したという。