マンソン裂頭条虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンソン裂頭条虫 Spirometra erinaceieuropaei
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: 条虫綱 Cestoda
亜綱 : 真性条虫亜綱 Eucestoda
: 擬葉目 Pseudophyllidea
: 裂頭条虫科 Diphyllobothriidae
: スピロメトラ属 Spirometra
: マンソン裂頭条虫 S. erinaceieuropaei
学名
Spirometra erinaceieuropaei
(Rudolphi, 1819) Mueller, 1937[1]
シノニム

Dibium erinacei-europaei Rudolphi, 1819; Ligula mansoni Cobbold, 1882; Bothriocephalus mansoni (Cobbold, 1882) Blanchard, 1888; Diphyllobothrium mansoni (Cobbold, 1882) Joyeux, 1928; Diphyllobothrium erinacei (Rudolphi, 1819) Faust, Campbell et Kellog, 1929; Spirometra erinacei (Rudolphi, 1819) Faust, Campbell et Kellogg, 1929

和名
マンソン裂頭条虫

マンソン裂頭条虫(マンソンれっとうじょうちゅう、学名Spirometra erinaceieuropaei)は、擬葉目裂頭条虫科に属する条虫の1種。成虫の体長は1-2m、体幅約1cm、ストロビラは1000個以上でありその前方は未熟片節、後方は成熟片節からなる。虫卵は長径50-70μm、短径30-45μmの褐色、左右非対称のラグビーボール状であり、一端に小蓋を有し、1個の卵細胞と多数の卵黄細胞を含有する。第一中間宿主ケンミジンコ、第二中間宿主はカエルヘビなどであり、ヘビは待機宿主にもなり得る。終宿主ネコイヌタヌキキツネなど。生活環は糞便とともに虫卵は外界に排出され、水中で孵化してコラシジウムに発育する。コラシジウムは第一中間宿主に捕食され、その体腔でプロセルコイド(前擬尾虫)へと発育する。プロセルコイドは第一中間宿主とともに第二中間宿主に捕食され、その体内でプレロセルコイド(擬尾虫)へと発育して皮下や筋肉に移行する。プレロセルコイドは第二中間宿主とともに終宿主に捕食され、その小腸で成虫へと発育する。プレパテント・ピリオドは7-10日。プレロセルコイドが寄生したカエルなどをヘビが捕食するとその皮下や筋肉で発育を行わずに寄生する。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279

関連項目[編集]