マルティン・カムブロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルティン・カムブロフ Football pictogram.svg
Martin kamburov.jpg
名前
本名 マルティン・アンドレエフ・カムブロフ
Martin Andreev Kamburov
ラテン文字 Martin Kamburov
ブルガリア語 Мартин Камбуров
基本情報
国籍  ブルガリア
生年月日 (1980-10-13) 1980年10月13日(39歳)
出身地 ハスコヴォ州スビレングラート
身長 188cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム ブルガリアの旗 PFCベロエ・スタラ・ザゴラ
ポジション CF
背番号 9
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 ブルガリアの旗 ボテフ・プロヴディフ 12 (2)
2000 ブルガリアの旗 ロコモティフ・プロヴディフ 4 (0)
2000-2001 ブルガリアの旗 スビレングラート 19 (7)
2001 ブルガリアの旗 ボテフ・プロヴディフ 9 (1)
2001-2002 ブルガリアの旗 スパルタク・プレヴェン 31 (6)
2002-2006 ブルガリアの旗 ボテフ・プロヴディフ 91 (73)
2006-2007 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ・ドバイ 22 (16)
2007 ブルガリアの旗 ボテフ・プロヴディフ 11 (5)
2007-2008 ギリシャの旗 アステラス・トリポリ 10 (0)
2009-2010 ブルガリアの旗 ロコモティフ・ソフィア 44 (33)
2010-2012 中華人民共和国の旗 大連実徳 64 (27)
2013 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 11 (3)
2013-2014 ブルガリアの旗 ロコモティフ・プロヴディフ 35 (20)
2014 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 0 (0)
2014-2017 ブルガリアの旗 ロコモティフ・プロヴディフ 91 (47)
2017- ブルガリアの旗 ベロエ・スタラ・ザゴラ 52 (28)
代表歴2
2004-2010 ブルガリアの旗 ブルガリア 15 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月22日現在。
2. 2016年8月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルティン・アンドレエフ・カンブロフブルガリア語: Мартин Андреев Камбуров, ラテン文字転写: Martin Andreev Kamburov, 1980年10月13日- )は、ブルガリアスビレングラート出身のサッカー選手。元ブルガリア代表ブルガリアリーグPFCベロエ・スタラ・ザゴラ所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

プロヴディフ[編集]

スビレングラートに生まれた[1]カムブロフは、PFCボテフ・プロヴディフでキャリアを始めたが、その後、同じ街を拠点とするPFCロコモティフ・プロヴディフへ移籍すると、2004年に得点王となる26得点を挙げ、クラブをリーグ優勝に導く活躍を見せたことで国内リーグの最優秀選手に選出された[2]。翌2005年のクラブは3位だったものの、自身は27得点で2季連続の得点王となった[3]

アル・アハリ[編集]

2005年12月に移籍金200万ユーロUAE1部アル・アハリ・ドバイと5年契約を締結[4]し、33試合16得点を挙げる活躍を見せたが、2006年2月に肝炎のために契約解除となった[5]。その後、2007年に古巣のロコモティフ・プロブジフへ復帰。7月にアステラス・トリポリFCと契約したが得点を挙げることが出来ずに終了した。

ロコモティフ・ソフィア[編集]

2009年1月9日にPFCロコモティフ・ソフィアと3年契約を締結し、背番号19を与えられた。2009年4月11日のレフスキ・ソフィアとのソフィアダービー(アウェイ3-0勝利)でのハットトリックを含め、僅か6試合で10得点を挙げる素晴らしいスタートを切ることに成功。同2008-09シーズンは、全30試合中半分にも満たない14試合の出場だったものの17得点を挙げる驚異的な得点率で3度目の得点王に輝き[6]、再度リーグ最優秀選手に選出された[7]。この活躍から、ファンの支持を集め、約5年ぶりにブルガリア代表に招集された[8]。2009-10シーズンは29試合16得点を記録した。

大連実徳[編集]

2010年7月に中国1部大連実徳足球倶楽部と契約[9]。7月28日に初出場、8月1日に初得点を記録した。

CSKAソフィア[編集]

2012年12月18日にPFC CSKAソフィアと1年半の契約を締結[10]。2013年3月2日のリテックス・ロヴェチ戦(0-2敗北)で初出場、3月31日のPFCミニョル・ペルニク英語版戦(3-0勝利)で初得点を記録[11]

タイトル[編集]

クラブ
PFCロコモティフ・プロヴディフ
個人

脚注[編集]

外部リンク[編集]