マルツェル・ライヒ=ラニツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルツェル・ライヒ=ラニツキMarcel Reich-Ranicki, 1920年6月2日 - 2013年9月18日)はポーランドヴウォツワヴェク出身のドイツ文芸評論家。マルセル・ライヒ=ラニツキラニツキーとも表記される。グルッペ47Gruppe 47)の一人。ユダヤ系ドイチェ・ツァイトフランクフルター・アルゲマイネなどで論評した。

2013年9月18日、フランクフルト・アム・マインにおいて死去[1]。93歳没。

著作[編集]

  • "Deutsche Literatur in Ost und West"(東西ドイツの文学)(1983年)
  • 「とばりを降ろせ、愛の夜よ 20世紀ドイツ文学7人のパイオニア」(丘沢静也/訳、岩波書店、2004年7月)
  • 「わがユダヤ・ドイツ・ポーランド マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝」(西川賢一/訳、柏書房、2002年3月)
  • 「褐色の空の下で」(岡田浩平/編、郁文堂、1994年4月)

脚注[編集]

  1. ^ マルセル・ライヒラニツキ氏が死去 ドイツの著名文芸評論家 日本経済新聞 2013年9月18日