マルチン・ボシレフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルチン・ボシレフスキ
2009年12月9日、クラクフ
2009年12月9日、クラクフ
基本情報
出生 1975年????
ポーランドの旗 ポーランド Sławno
ジャンル ジャズ
レーベル Gowi, Not Two, ECM
共同作業者 トーマス・スタンコマヌ・カッチェ、シンプル・アコースティック・トリオ

{{{Influences}}}

マルチン・ボシレフスキ(Marcin Wasilewski、1975年 - )はポーランド出身のピアニストシンプル・アコースティック・トリオで活動、後に自己トリオ名義で活動している。

バイオグラフィ[編集]

13才の時に手に入れたキース・ジャレットのアルバムに感銘し、強い影響を受ける。ポーランド・コシャリンの音楽学校で同年のスワヴォミル・クルキエヴィッツ(ベース)とセッションするようになり、後にミハウ・ミスキエヴィッツ(ドラム)が加入し、「シンプル・アコースティック・トリオ」(SAT)を結成。1993年のジャズ・ジャンポリー・フィスティヴァルで高く評価され、1994年にトランペッターのトーマス・スタンコとのセッションに加わる。1994年にSATはクシシュトフ・コメダの作品集Komedaでアルバム・デビュー。このアルバムは1曲を追加し、Lullaby for Rosemaryのタイトルで再発する。2000年発表のHabaneraは日本でもヒットする。2001年にスタンコのSoul of ThingsECMレーベルで録音し、キャリアを重ねていく。そして、ECMの創設者でプロデューサーのマンフレート・アイヒャーとの知遇を得て、2004年にオスロのレインボー・スタジオで録音。翌年にTrioを発表。同時期にドラマーのマヌ・カッチェのアルバムNeighbourhood(2005年)やPlayground(2007年)の録音にも参加している。2007年には新たにマルチン・ボシレフスキ・トリオ名義でJanuaryを、2010年にはFaithfulを発表。このアルバムを発表する前までの間にスタンコのバンドを離れ、トリオで活動している。[1]

ディスコグラフィ[編集]

シンプル・アコースティック・トリオ[編集]

titles year label
Komeda 1995 Gowi
When Will the Blues Leave 1996 Polonia
Live in Getxo 1996 Hillargi
Habanera 2000 Not Two
Lullabay for Rosemary 2001 Not Two
Trio 2005 ECM (1891)

自己及びトリオ名義[編集]

titles year label
January 2008 ECM (2019)
Faithful 2010 ECM (2208)

注釈[編集]

  1. ^ アルバムFAITHFUL 国内盤(UCCE-7012)ライナーノーツ

外部リンク[編集]