マルクス・バイエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルクス・バイエル
MarkusBeyer2009.jpg
2009年
基本情報
本名 マルクス・バイエル
通称 ブーンブーン
階級 スーパーミドル級
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 1971年4月28日(44歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ ケルン
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 35
KO勝ち 13
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
1995 ベルリン ライトミドル級
ヨーロッパボクシング選手権
1996 ヴァイレ ライトミドル級

マルクス・バイエル[1]Markus Beyer1971年4月28日 - )は、ドイツプロボクサー。第9代・第14代・第16代WBC世界スーパーミドル級王者。

アマチュア時代はドイツの代表として1992年バルセロナオリンピック1996年アトランタオリンピックと2度オリンピックに出場している。派手さはないが確かなテクニックを駆使し、対戦相手に自分のボクシングをさせない巧みさがある。また、同階級で3度王座に返り咲くという偉業を果たし、地元ドイツでは人気の高い選手である。ただ、活動がほとんどドイツ国内であり、地味なボクシングスタイルであるためアメリカ大陸では認知度が低い。

来歴[編集]

アトランタオリンピック出場後、1996年11月23日にプロデビュー。1998年1月11日には全独スーパーミドル級王座を獲得し、1999年6月5日にはIBFインターコンチネンタルスーパーミドル級王座を獲得した。

1999年10月23日、WBC世界スーパーミドル級王者リッチー・ウッドホールと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座の獲得に成功した。

2000年5月6日、グレン・キャトリーに12回53秒TKO負けを喫しWBC世界スーパーミドル級王座の2度目の防衛に失敗、王座から陥落した。

2003年4月5日、WBC世界スーパーミドル級王者エリック・ルーカスと対戦し、2-1の判定勝ちを収め、3年ぶりに王座に返り咲いた。

2003年8月16日、ダニー・グリーンと対戦し、2回に偶然のバッティングでバイエルが負傷し、5回にグリーンがバイエルの傷口に故意の頭突きをし、リングドクターが試合続行不可能を宣告した為、バイエルの失格勝ちとなり初防衛に成功した。

2004年6月5日、クリスチャン・サナビアと対戦し、1-2の判定負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した。

2004年10月9日、クリスチャン・サナビアと再戦し、6回44秒KO勝ちを収め、4ヵ月ぶりに王座に返り咲いた。

2004年12月18日、西澤ヨシノリと対戦し、3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2005年3月12日、暫定王者ダニー・グリーンと対戦し、12回にダウンを奪われたものの、2-0の判定勝ちを収めWBC世界スーパーミドル級王座の統一に成功、2年ぶりの再戦を制し、2度目の防衛に成功した。

2006年5月13日、サキオ・ビカと対戦し、4回に偶然のバッティングによりバイエルが右目を負傷し、試合続行不可能と判断された為、4回1分45秒、1-0の負傷判定で引き分けたが5度目の防衛に成功した。

2006年10月14日、WBA王者のミッケル・ケスラーとWBA・WBC世界スーパーミドル級王座統一戦を行い、3回にケスラーの右ストレートでバイエルがダウンを喫し、そのまま立ち上がることが出来ず、3回2分58秒KO負けを喫し、WBA王座の獲得に失敗、WBC王座の6度目の防衛にも失敗し王座から陥落した。ケスラーにWBA王座と自身が3期務めたWBC王座の統一を許す結果となった。

獲得タイトル[編集]

  • 全独スーパーミドル級王座
  • WBCインターコンチネンタルスーパーミドル級王座
  • WBC世界スーパーミドル級王座

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「マルクス・バイエル」は舞台ドイツ語的表記であり、「マルクス・バイヤー」と表記する方が近い。

外部リンク[編集]

前王者
リッチー・ウッドホール
第9代WBC世界スーパーミドル級王者

1999年10月23日 - 2000年5月6日

次王者
グレン・キャトリー
前王者
エリック・ルーカス
第14代WBC世界スーパーミドル級王者

2003年4月5日 - 2004年6月5日

次王者
クリスチャン・サナビア
前王者
クリスチャン・サナビア
第16代WBC世界スーパーミドル級王者

2004年10月9日 - 2006年10月14日

次王者
ミッケル・ケスラー