マリヤ・スタドニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
女子 レスリング
2008 北京 48kg級
2012 ロンドン 48kg級

マリヤ・スタドニク(Mariya Stadnik、Марія Стадник [ˈmɑˑrʲijaˈstɑˑdnʲik], 1988年6月3日 - )。ソビエト社会主義共和国連邦ウクライナ・ソビエト社会主義共和国リヴィウ州リヴィウ市生まれ。民族籍ウクライナ人だが[1][2]国籍ウクライナから同じ独立国家共同体 (СНГ; CIS) 加盟国のアゼルバイジャンに変更している[3] [4]。現在もリヴィウ市に居住し、夫と同じリヴィウ地区組織[5]であるスパルタク(スパルタクス)体育スポーツ協会[6]に所属している[7] [8]

経歴[編集]

アゼルバイジャン国籍の女子レスリング選手。2008年北京オリンピックのレスリング48kg級の銅メダリストであり、2012年ロンドンオリンピックのレスリング48kg級の銀メダリストである。ウクライナ共和国リヴィウ出身。日本ではウクライナ語のマリヤを英語風のマリアに置き換えたマリア・スタドニクという表記も見られる。

スタドニクは、2006年モスクワで開催されたレスリングヨーロッパ選手権の48kg級でウクライナ代表として優勝したものの、ドーピング違反のため失格となった[9]。その後国籍をウクライナからアゼルバイジャンに移し、2008年にフィンランドタンペレで開催されたレスリングヨーロッパ選手権の48kg級でアゼルバイジャン代表として出場し、優勝。2009年リトアニアヴィリニュスで、2011年ドイツドルトムントで開催されたレスリングヨーロッパ選手権においても48kg級で優勝している。

2008年北京オリンピックのレスリング48kg級にもアゼルバイジャンから出場。初戦で金メダルを獲得したカナダキャロル・ハイン(キャロル・ヒュン、黃嘉露)に敗れてしまったものの、敗者復活戦で勝ちあがって銅メダルを獲得した。

2012年ロンドンオリンピックのレスリング48kg級において金メダルを獲得した日本小原日登美と対戦し銀メダルを獲得した。

夫はウクライナリヴィウ市出身のレスリング選手でアンドレイ・スタドニク。義姉(夫の妹)も同郷のウクライナリヴィウ市出身で同じ48kg級のレスリング選手で、現在国籍を英国に移したヤナ・スタドニク2010年7月22日男児を出産[10]

実績[編集]

  • オリンピック
    • 2008年北京オリンピック 銅メダル
    • 2012年ロンドンオリンピック 銀メダル
  • ヨーロッパ選手権
    • 優勝 2008年
    • 優勝 2009年
    • 優勝 2011年

脚注[編集]

  1. ^ Mariya Stadnik
  2. ^ Ukrainian sport wrestlers
  3. ^ List of nationality transfers in sport
  4. ^ Azerbaijani people by ethnic or national origin
  5. ^ Львівська обласна організація
  6. ^ http://spartak.lviv.ua ФСТ (Фізкультурно-Спортивне Товариство) «Спартак»; FST (Fizkul´turno-Sportivne tovaristvo) “Spartak”
  7. ^ http://www.sports-reference.com/olympics/athletes/st/mariya-stadnik-1.html Mariya Stadnik Biography and Olympic Results | Olympics at Sports-Reference.com
  8. ^ http://www.sports-reference.com/olympics/athletes/st/andriy-stadnik-1.html Andriy Stadnik Biography and Olympic Results | Olympics at Sports-Reference.com
  9. ^ http://www.japan-wrestling.org/New06/822.html 欧州女子48kg級チャンピオンがドーピング違反で失格
  10. ^ http://spartak.lviv.ua/news/e/31/?L=0&cHash=e14201d7b553de08b633289b20c1c523 Львівська обласна організація ФСТ "Спартак" / Новини

外部リンク[編集]