マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ (1574-1621)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ
Maria Christina von Österreich
Anonym Erzherzogin Maria Christierna.jpg
出生 (1574-11-10) 1574年11月10日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国グラーツ
死去 (1621-04-06) 1621年4月6日(46歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ハル・イン・チロル
配偶者 トランシルヴァニア公バートリ・ジグモンド
父親 オーストリア大公カール2世
母親 マリア・アンナ・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ=シュタイアーマルク(Maria Christina von Österreich-Steiermark、1574年11月10日 - 1621年4月6日)は、トランシルヴァニア公バートリ・ジグモンドの妃。ハンガリー語名はマーリア・クリスティエルナ・オストラーク・フェヘルツェグネ(Mária Krisztierna osztrák főhercegnő)。

生涯[編集]

オーストリア大公カール2世と妃マリア・アンナの間の次女として、グラーツで生まれた。1595年、シグモンドと結婚したが、1599年4月に彼はマリアと離婚した。マリアはオーストリアへ戻り、同年8月にローマ教皇クレメンス8世によって結婚は無効とされた。1607年、マリアはハル・イン・ティロル(Hall in Tirol)のイエズス会修道院へ入り、1621年に死去した。