マリア・アンナ・フォン・バイエルン (1551-1608)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリア・アンナ・フォン・バイエルン
Maria Anna von Bayern
Jan Cornelisz. Vermeyen 005.jpg
マリア・アンナ大公妃、1577年

出生 (1551-03-21) 1551年3月21日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ミュンヘン
死去 (1608-04-29) 1608年4月29日(57歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国グラーツ
配偶者 オーストリア大公カール2世
子女 一覧参照
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 バイエルン公アルブレヒト5世
母親 アンナ・フォン・エスターライヒ
テンプレートを表示

マリア・アンナ・フォン・バイエルン(Maria Anna von Bayern, 1551年3月21日 - 1608年4月29日)は、ドイツのバイエルン公アルブレヒト5世の娘で、オーストリア大公カール2世の妻。

バイエルン公アルブレヒト5世とその妻で神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の娘であるアンナの間の長女として生まれた。1571年8月26日にウィーンにおいて、母方の叔父で内オーストリア、シュタイアーマルクを統治するカール大公と叔姪婚を行い、間に15人の子供をもうけた。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • HAMANN, Brigitte, Die Habsburger: Ein Biografisches Lexicon (Munich: Piper, 1988).
  • SÁNCHEZ, Magdalena, (2000) A Woman's Influence: Archduchess Maria of Bavaria and the Spanish Habsburgs. In C. Kent, T.K. Wolber, C.M.K. Hewitt (Eds.) The lion and the eagle: interdisciplinary essays on German-Spanish relations over the centuries (pp. 91–107). New York: Berghahn Books.