マリアナ海域漁船集団遭難事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリアナ海域地図

マリアナ海域漁船集団遭難事件(マリアナかいいきぎょせんしゅうだんそうなんじけん)は、1965年10月7日に発生した台風による海難事故である。この事故では209人の犠牲者(死者1人、行方不明208人)が出ており、第2次世界大戦後の日本における漁船の遭難事故としては、1954年5月のメイストームによる北海道近海でのサケ・マス漁船集団遭難に次いで大きなものとなった。通称「マリアナ海難」。

経緯[編集]

1965年10月4日未明、カロリン諸島で発生した台風第29号(国際名:Carmen)は、10月5日時点の予報ではアグリハン島の南方海上を通過するという見通しであった。

当時、マリアナ近海では日本から出港したかつお・まぐろ漁船40隻ほどが操業を行なっていた。台風第29号がアグリハン島の南を通過するであろうという予報を受け、漁船十数隻がアグリハン島西岸沖に避難した。9月末に付近を通過した台風第28号(最低気圧900mb[ミリバール。当時の単位でhPaに同じ])の際にも漁船群は同様の回避行動を取ったが、台風第28号は島を大きく迂回するように南から西の海上を離れて通過し、そのためアグリハン島近海では東寄りの風が卓越して、漁船群にとっては島が風除けの役割を果たしたので、安全に台風をやり過ごす事ができた。

台風第29号も28号と似た進路を取ると予報されたため、漁船群は同じようにアグリハン島の西側で台風通過を待つ予定であった。しかし台風第29号は、10月6日には予想に反して進路を西寄りから北寄りに急転し、7日朝、避航中の7隻がいるアグリハン島付近を通った。しかも中心気圧が急激に下降して発達、6日3時には970mbであったが7日3時には914mbとなり、最大風速70m/sに達した。これにより、島の西に避航した漁船は、台風中心が通過すると共に東から西に変わった風をまともに受け、しかも70m/s前後の猛烈な向岸風であったので、1隻はアグリハン島に座礁して船体が大破し、1隻は沈没、残る5隻は、多くの漂流物は発見されたものの船体は乗組員もろとも行方不明となった。その後の空と海からの大規模な捜索により、乗組員3人が救助されたが、1人が遺体で発見された他、208人は行方不明となったままである。

海難審判[編集]

この件に関する海難審判は、1966年2月12日横浜地方海難審判庁で開かれた。この審判は、遭難漁船1隻ごとに行なっていたが、「マリアナ海域漁船集団遭難事件」とまとめて7隻の海難審判が行なわれるようになった。

裁決は1967年3月30日に開かれ、「遭難は台風第29号の予測困難な発達による荒天に遭遇して発生した」とする裁決が下っている。

その後[編集]

この事故は、多くの犠牲者を出したため、当時の日本社会に大きな衝撃を与えた。1965年11月5日衆議院通常国会で取り上げられ、海難事故に対する具体的な対応などが問われている[1]。政府部内からも、日本も独自の気象観測機を所有しようと言う声も聞かれたが(朝日新聞報道)、具体的な計画も無いままうやむやに終わった[2]。それまで近海用の救難機しか保有していなかった海上保安庁は、南洋で巡航しながらの気象観察と漁船の救難任務のために、2,000トン型巡視船(後のいず型巡視船)とYS-11Aの導入を決定した[3]

被害[編集]

  • 第十一弁天丸 - アグリハン島座礁、行方不明1人
  • 第三永盛丸 - 沈没、生存者3人、行方不明32人
  • 第八国生丸 - 船体消息不明、乗組員行方不明29人、死亡1人
  • 第八海竜丸 - 船体消息不明、乗組員行方不明32人
  • 第五福徳丸 - 船体消息不明、乗組員行方不明31人
  • 第三千代丸 - 船体消息不明、乗組員行方不明42人
  • 第三金刀羅丸 - 船体消息不明、乗組員行方不明41人

総計 生存者3人、死亡1人、行方不明208人

脚注[編集]

  1. ^ 第8号 昭和40年11月5日に取り上げられている。
  2. ^ 台風が海上にある時は正確な観測データが得にくいため、第2次世界大戦後、アメリカ軍は台風やハリケーンの域内に気象観測用の飛行機を飛ばし、位置や進行方向、速度、中心気圧、最大風速その他重要な観測を行なった。日本の気象庁も、アメリカ軍の飛行機観測による台風のデータを活用して予報に役立てたが、設立や維持に莫大な経費がかかるため、まだ経済成長の途上で財政規模が貧弱であった日本が独自に気象観測機を持つ事はなかった。そのため、必要なデータを必要な時に得られない場合もあり、マリアナ海難でそれが明らかになったものである。
  3. ^ 徳永陽一郎・大塚至毅『海上保安庁 船艇と航空』交通ブックス205 成山堂書店 1995年 ISBN 4-425-77041-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]