マバラカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マバラカット市
Lakanbalen ning Mabalacat
City of Mabalacat
位置
パンパンガ州アンヘレス市の位置の位置図
パンパンガ州アンヘレス市の位置
座標 : 北緯15度9分 東経120度35分 / 北緯15.150度 東経120.583度 / 15.150; 120.583
歴史
市制施行
行政
フィリピンの旗 フィリピン
 地方 パンパンガ州
 市 マバラカット市
地理
面積  
  市域 83.18 km2
人口
人口 (2015年現在)
  市域 250,799人
その他
等時帯 フィリピン標準時 (UTC+8)
夏時間 なし

マバラカット市パンパンガ語: Lakanbalen ning Mabalacat英語: City of Mabalacat)とは、フィリピンルソン島パンパンガ州Province of Pampanga)にある都市である。2012年7月21日の国民投票に続いて正式に市に昇格し、これは同州ではアンへレス、サン・フェルナンドに続き3番目。クラーク経済特別区の大部分は同市域に位置し(メインゲートはアンへレス市にある)。クラーク国際空港だけでなく、数多くのホテル、カジノ、ゴルフコースなどのリゾートは主に同市に位置している。

バランガイ[編集]

マバラカットには27のバランガイがある。

  • Atlu-Bola
  • Bical
  • Bundagul
  • Cacutud
  • Calumpang
  • Camachiles
  • Dapdap
  • Dau
  • Dolores
  • Duquit
  • Lakandula
  • Mabiga
  • Macapagal Village
  • Mamatitang
  • Mangalit
  • Marcos Village
  • Mawaque (Mauaque)
  • Paralayunan
  • Poblacion
  • San Francisco
  • San Joaquin
  • Santa Ines
  • Santa Maria
  • Santo Rosario
  • Sapang Balen
  • Sapang Biabas
  • Tabun

歴史[編集]

1712年より前、マバラカットはバンバン(現在タルラック州バンバン)のバリオ(barango)(バランガイ)だった。1792年に町になり、抗菌性の樹皮を持つバラカットの木(Ziziphus talanai)にちなんで命名されました。かつてアエタ族と和解がされた地域はバラカットの木々の森林で、カパンパンガ語の " Ma-balacat "は、"バラカットでいっぱい"という意味。 1853年、マバラカットは2,611人の人口で4つのバランガイ、すなわちババンダプ、デュキット、マラブニ、パグリムバンとなった。1903年には19のバランガイで7,049人に増加し、サン・ホアキン、サンタ・イネス、サンタ・マリア、サパン・バレン、サン・ホアキン、サン・ホアキン、サン・ホアキン、サン・ホアキン、サン・ホアキン、サン・マリア、 Sapang Biabasのバランガイが設置された。1948年、マバラカットのバランガイはフォート・ストーツェンブルクを加えて20に増加した。

経済[編集]

マバラカットの2011年の税収は504,149,053.16ペソで、主に地方自治体ライセンス料、土地税、内国歳入控除、道路および橋梁資金から得られている。1997年には同市には2,447の事業所が登録され、サッシ工場、製鉄所、陶磁器、ベーカリーなどの生産が行われている。財政的には11の銀行によって支えられている。

公益事業には、Mabalacat Water System、Pampco II(PELCO II)、Datelcom Corporation(DATELCOM)、Smart Communications(SMART)およびDigital Telecommunications Philippines Incorporated(DIGITEL)の3つの電話会社とPRO- SAT)がある。

交通[編集]

ギャラリー[編集]