サンタ・リタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンタ・リタ
英語: Santa Rita
チャモロ語: Sånta Rita
Guam map Santa Rita.png
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
準州 グアムの旗 グアム
人口
(2010)[1]
 • 合計 6,084人
等時帯 UTC+10 (ChST)

サンタ・リタ (英語: Santa Ritaチャモロ語: Sånta Rita)はアプラ港アメリカ海軍の基地・軍港部分があるグアム南西部の村である。 第二次世界大戦後にできたグアム島内で最も新しい村である。

歴史[編集]

人口推移
人口
196012,126
19708,109−33.1%
19809,18313.2%
199011,85729.1%
20007,500−36.7%
20106,084−18.9%

第二次世界大戦以前はオロテ半島にSumay村があった。(現在はアプラ港の一部となっている。)Sumay村は島内の商業の中心として栄えたが、1944年のグアムの戦いで村は荒廃した。村にアメリカ海軍基地の建設が計画されるとSumay村とFena村との間の丘にSumay村の住民は移転し、サンタ・リタ村が創設された。

脚注[編集]

  1. ^ 2010 Guam Statistical Yearbook (PDF, 4.3 MB) , (rev. 2011)