マックスマシーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックスマシーン
CommodoreMAX.jpg
マックスマシーン
メーカー コモドール
種別 据置型ゲーム機
世代 第3世代
発売日 日本の旗 1982年11月
CPU 6510
対応メディア ロムカセット
コントローラ入力 ケーブル
外部接続 データレコーダ
テンプレートを表示

マックスマシーンMAX MACHINE)とは、コモドール日本向けに1982年初めに設計・開発したホビーパソコンである。ムーミン社を輸入販売元とし[1]、同年11月より発売された[2]

概要[編集]

コモドール64の前に発売された。日本以外で実際にこの製品が売られているのを見かけたという報告はない。

なお、コモドール64のマニュアルには、アメリカ合衆国では Ultimaxドイツでは VC-10 の名称で記載されている。これは、コモドールがこの製品を世界的に発売する予定だったことを示唆している。

機能[編集]

本体には、2.5KiBRAMしか搭載しておらず、ソフトウェアはROMカートリッジを挿入することでロードされる。表示には通常のテレビを使う。CPU6510、1.02MHz)とチップセットはコモドール64と同じであり、マックスマシーン用ROMカートリッジはコモドール64でも動作した。ROMカートリッジでマックスベーシックという言語が供給されていた。

BASICが使えてキーボードも内蔵しているものの、基本的には家庭用ゲーム機としての利用を意図した機種である。カセットテープレコーダーを接続してプログラムのセーブが可能だったが、フロッピーディスク、プリンター、モデムなどを接続できるような入出力ポートは存在しない。

VIC-1001との比較[編集]

日本ではVIC-1001よりも低価格(34,800円)で発売された。アメリカではVIC-20(VIC-1001のアメリカでの名称)とほぼ同価格で発売が予定されていた。

PCG機能しかないVICと比較して、マックスマシーンではスプライトハードウェアスクロール機能があり 解像度も高いなど、MAX MACHINEの方がグラフィックとサウンドの機能は優れていたが、VIC-1001の方がメモリが多く、拡張性もあり、既に多数のソフトウェアが発売されていた。

ソフト一覧[編集]

ソフトはROMカートリッジにより、ゲームを中心に21本が発売された。ゲームソフトの価格設定は2,800円と他機種よりも安価に設定されていたが[2]、人気アーケードゲームを無断で移植したようなゲームも少なからずあった[3]サードパーティーの参入はなく、VIC-1001に引き続き、HAL研究所が開発を参加していた[2]

  • オメガ・レース
  • ウィザード・オブ・ウォー
  • キック・マン
  • アベンジャー - 元ネタはスペースインベーダー
  • ジュピター・ランダー - 元ネタはアタリのルナランダー
  • スーパー・エイリアン - 元ネタは平安京エイリアン
  • レーダーラットレース - 元ネタはラリーX
  • ロード・レース - 元ネタはアタリのナイトドライバー
  • モール・アタック - モグラ叩き
  • クラウンズ - 元ネタはサーカス
  • マネーウォーズ
  • ポーカー
  • ゴーフ
  • ビリヤード
  • ピンボール - 元ネタはボムビー
  • ボーリング
  • スラローム
  • ミニ・ベーシックI
  • マックスベーシック
  • ミュージックコンポーザー
  • ミュージック・マシ-ン

出典[編集]

  1. ^ 『新世代ゲームビジネス』日経BP、1995年、p.148
  2. ^ a b c テレビゲームファーストジェネレーション 第2回:TVゲームグラフティー[〜1984年日本編] ファミ通.com 2012年12月14日
  3. ^ 山崎功『家庭用ゲーム機コンプリートガイド』主婦の友インフォス情報社、2014年、p.30

外部リンク[編集]