マチルダ (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マチルダ
Matilda
作曲 ティム・ミンチン
作詞 ティム・ミンチン
脚本 デニス・ケリー英語版
原作 ロアルド・ダールマチルダは小さな大天才
上演 2010年 ストラトフォード=アポン=エイヴォン
2011年 ウエスト・エンド
2013年 ブロードウェイ
2015年 全米ツアー
2015年 オーストラリア
受賞 批評家サークル・シアター賞ミュージカル作品賞[1]
シアター・アワードUK2011年ミュージカル・プロダクション賞[2]
ローレンス・オリヴィエ賞新作ミュージカル作品賞[3]
ニューヨーク演劇批評家サークル賞ミュージカル作品賞[4]
ドラマ・デスク・アワードミュージカル作品賞
トニー賞ミュージカル脚本賞
ウェブサイト http://www.matildathemusical.com/
テンプレートを表示

マチルダ』 (Matilda the Musical ) は、ロアルド・ダールによる児童文学作品『マチルダは小さな大天才』を基にしたミュージカルデニス・ケリー英語版の脚本、ティム・ミンチンの作詞作曲による。読書好きで念力の才能を持つ、ませた5歳の少女マチルダが家族や学校による障壁を克服し、また担任教師が人生を取り戻すことを手伝う物語。2010年11月から2011年1月の12週間、ストラトフォード=アポン=エイヴォンロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)による試験興行の後、2011年11月24日からウエスト・エンドにあるケンブリッジ・シアターにて開幕し、その後2013年4月11日からブロードウェイにあるシュバート・シアターにて開幕した。

『マチルダ』は広く批評家の称賛を得て、興行収入の上でも成功し、2012年のローレンス・オリヴィエ賞において新作ミュージカル作品賞を含む7部門を受賞し、当時最多受賞となった[3]。2013年のオリヴィエ賞においてストレートプレイ夜中に犬に起こった奇妙な事件』は同数受賞の記録を作ったが[5]、ミュージカルでは『マチルダ』が最多受賞記録を保持している。2013年のトニー賞においてミュージカル脚本賞を含む5部門を受賞した。

『マチルダ』は現在、ロンドンのウエスト・エンド、ニューヨークのブロードウェイ、オーストラリアのシドニーの他、全米ツアー公演で上演されている。

プロダクション[編集]

ストラトフォードおよびロンドン[編集]

2009年、RSCは『マチルダは小さな大天才』のミュージカル化の計画を発表し、脚本家にデニス・ケリー、作詞作曲にティム・ミンチン、演出家にマシュー・ウォーカス、編曲および音楽監督にクリス・ナイティンゲイル、装置デザインにロブ・ハウエル、特殊効果にポール・キーヴと契約した[6]。イングランドのストラトフォード=アポン=エイヴォンにあるコートヤード・シアターにて2010年11月9日からプレビュー公演が行われ、12月9日に正式に開幕した[7]。ピーター・ダーリングが振付を担当した。トランチブル校長役にバーティ・カーヴル、マチルダの父役にポール・ケイ、母役にジョジー・ウォーカー、ミス・ハニー役にローレン・ウォードが配役された[8]。アドリアナ・バートラ、ジョジー・グリフィス、ケリー・イングラムの子役3名がマチルダ役のトリプル・キャストとなった[9][10]。2011年1月30日、当初の予定通り閉幕した[1]

2011年よりロンドンのウエスト・エンドにあるケンブリッジ・シアターにて上演

2011年、ウエスト・エンドに進出し、ロンドンのケンブリッジ・シアターで上演された。2011年10月18日にプレビュー公演が開幕する予定であったが、舞台装置設置の遅延により10月25日に延期された。正式な開幕は11月22日から24日に延期された[11]。このロンドン公演は一様に評価が高く、特に父役のケイと校長役のカーヴルはその演技で高い評価を得た[12][13]。ストラトフォード公演での大人の出演者の多くがロンドン公演でも再演した。マチルダ役ではストラトフォード公演からの再演はケリー・イングラムのみで、他にエレノア・ワーシントン・コックス、クレオ・ディミトリオ、ソフィア・キーリーがローテーションで出演した。

2011年10月、イギリスのシアター・アワードでミュージカル作品賞および男優賞(バーティ・カーヴル)を受賞し[14]、翌11月、イヴニング・スタンダード賞のネッド・シェリン賞ミュージカル作品賞を受賞した[15]。2012年、ローレンス・オリヴィエ賞にて10部門にノミネートされた。授賞式にてマチルダ役4名が劇中の『Naughty 』のシーンを演じた。『マチルダ』は新作ミュージカル賞、演出賞(ウォーカス)、ミュージカル男優賞(カーヴル)、ミュージカル女優賞(マチルダ役4名全員)、振付賞(ダーリング)、装置デザイン賞(ハウエル)、音響デザイン賞(ベイカー)の7部門を受賞した。オリヴィエ賞36年の歴史上最高の受賞数となった[3]

2012年4月、父役のケイが降板してスティーヴ・ファーストが、母役のウォードが降板してヘイリー・フラーティが後任となった。ロンドン公演マチルダ役オリジナル・キャストのイングラムとキーリーが降板し、ジェイド・マーナーと、ロンドン公演でアマンダ役を演じたイゾベル・モロイが後任となった。7月にトランチブル校長役のカーヴルが降板し、デイヴィッド・レナードが後任となったが怪我のため8月まで出演できなかった。この時期の出演者交代により、マチルダ役4名はルーシー・メイ・ビーコック、ヘイリー・キャナム、クロエ・ホーソーン、ララ・ウォリントンとなった[16][17]

2012年11月19日、ロンドン公演出演者は第100回『ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス』に招聘され、12月3日、ITVで放送された[18]。クロエを中心に『When I Grow Up 』、『Naughty 』を演じ、他のマチルダ役3名は語り部分に登場した[19]

2013年3月、ヘイリー・キャナムが降板し、エリズ・ブレイクとクリスティナ・フレイが後任となった。同年5月、ルーシー・メイ・ビーコックが降板した。2013年9月、マチルダ役のクロエ・ホーソーンの他、大人の出演者のほとんどが交代した。マチルダ役にロリー・マッケンジーとジョージア・ペンバートンの2名が新たに加わった。9月29日、マチルダ役のララ・ウォリントンが降板し、彼女のマチルダ役の在任期間が他のマチルダ役と比較して最長となった。

2013年、チャリティ番組『チルドレン・イン・ニード』に出演した[20][21]。ジョージアがマチルダ役で、一行はメドレーを披露した。

2014年3月、大幅な出演者の交代が行われ、マチルダ役はロリー・マッケンジーのみが残留した。3月9日にエリズ・ブレイクが降板してタシャ・チャプルが後任となり、フレイとペンバートンが降板してカラ・ジェンキンスとロッティ・シシリアが後任となった。

9月7日にマッケンジー、10月5日にジェンキンスが降板し、マチルダ・シェイプランドとヴァイオレット・タッカーが後任となった。シェイプランドはこれまで『レ・ミゼラブル』に出演しており、一方タッカーにとってこれがウエスト・エンド・デビューとなった。2015年3月の出演者の交代においてマチルダ役はシェイプランドとタッカーのみが残留した。チャプルとシシリアが他の子役と共に降板し、マチルダ役にはアナ・ルイズ・ナイトとララ・マクドネルが後任となった。2015年9月の出演者の交代においてマチルダ役のシェイプランドとタッカーが降板し、エヴィ・ホーンとリジー・ウエルズが後任となった。

ブロードウェイ[編集]

2012年2月29日、RSCは2013年9月にブロードウェイに進出することを発表した[22]。アメリカナイズするべきという圧力がありながら、舞台をイングランドのままで上演することになった[23]。2012年7月19日、シュバート・シアターにおいて2013年3月4日にプレビュー公演が開幕し[24]、4月11日に正式に開幕することが発表された[25]。イギリス初演時のトランチブル校長役のバーティ・カーヴルとミス・ハニー役のローレン・ウォードが再演した[26][27]。ウエスト・エンド公演のテッド・ウィルソンが再びエリック役を演じた。2012年11月15日、AP通信は9歳のソフィア・ジェニュサと10歳のオーナ・ローレンス、ベイリー・リオン、ミリー・シャピロがマチルダ役でブロードウェイ・デビューすることを報じた[28]

シュバート・シアターの看板

ブロードウェイでの製作に1,600万ドルを費やし[29]、2013年4月11日にジェニュサがマチルダ役で開幕する予定となった[30]。ロンドン公演より、アメリカの観客に合わせて歌詞を変更し[31]、劇場の1階席でのシーンを増やすなど小さな変更があった[32]。ブロードウェイ公演では開幕前に序曲が流れる。

2013年9月1日、カーヴルとウォードは降板し、ジル・ペイスがミス・ハニー役の後任となった[33]。9月17日、怪我から回復したクレイグ・ビアーコがトランチブル校長役の後任となった[34]。2013年10月、シュバート・シアターの興行収入記録を更新した[35]。11月19日、ビアーコはリハーサル中の肩の怪我による体調面から降板することが発表された。2014年1月までトランチブル校長役の代役であったクリス・ホッチが後任となった[36]

11月25日、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙はマチルダ役オリジナル・キャストが以降2ヶ月以内に降板することを報じた[37]。12月11日、ペイジ・ブレイディ、ガブリエラ・ピゾロ、リプリー・ソボ、エイヴァ・ウロアがマチルダ役の後任となった。ソボは以前『ONCE ダブリンの街角で』に出演したことがあるが、他3名はこれがブロードウェイ・デビューとなった。彼女らは数週間の稽古の後、初登場することになった[38]。12月、ローレンスとジェニュサが降板し、1月、リオンとシャピロが降板した。12月にブレイディとピゾロが初出演し、1月にソボとウロアが初出演した。

1月31日、クリストファー・シーバーがトランチブル校長役、マット・ハリントンが父役を担当することが報じられた。3月4日にハリントンが初出演し、3月18日にシーバーが初出演する予定であったが[39]、リハーサル中の手の怪我により4月に延期された[40][41]。シーバー休演中は代役のベン・トンプソンが出演した。4月18日、シーバーがようやく初出演を迎えた[42]

8月21日、マチルダ役4名が降板し、トリ・ファインスタイン、エリザ・ホランド・メイドア、ブルックリン・シャック、フィナ・ストラザが後任となった[43]。メイドアは『ONCE ダブリンの街角で』、シャックは『アニー』に出演したことがあるが、ファインスタインとストラザにとってこれがブロードウェイ・デビューとなった。8月にブレイディとソボが降板し、9月にウロアとピゾロが降板した。8月にストラザとシャックが初出演し、9月にメイドアとファインスタインが初出演した。ブロードウェイ公演開幕から1年半以上経った12月、製作費1,600万ドルを取り戻した[44]

7月7日から21日、マチルダ役の4名が降板してマティア・コンフォティ、ライリー・マクドナルド、ミミ・ライダー、アレキサンドラ・ヴレイコスが後任となった。9月8日、アリソン・ケースがミス・ハニー役、エイミー・スパンガーが母役、リック・ホームズが父役、ナタリー・ベルコンがミセス・フェルプス役の後任となった[45]

全米ツアー公演[編集]

2013年6月1日、ティム・ミンチンはインタビューの中で全米ツアー公演準備中であることを明かした[46]。再度RSCのプロデュースにより、2015年5月にコネチカット州ニューヘイヴンにあるシュバート・シアターで技術リハーサルが始まり、6月7日、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるアーマンソン・シアターで正式に開幕した[47][48]。カリフォルニア州サンフランシスコにあるSHNオルフェウム・シアター、ワシントン州シアトルにある5番通りシアター、テキサス州ダラスにあるAT&Tパフォーミング・アーツ・センター、ワシントンD.C.にあるジョン・F・ケネディ・センター・オペラ・ハウス、フロリダ州タンパにあるストラツ・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツなどで公演することが発表された[49]。4月21日、第1回全米ツアー公演の配役が発表され、マチルダ役にギャビー・ガティレツ、ミア・シンクレア・ジェネス、メイベル・タイラーが配役された。ミス・ハニー役にジェニファー・ブラッド、父役にクイン・マットフィールド、トランチブル校長役にブライス・ライネス、母役にキャシー・シルヴァが配役された[48][50]

オーストラリア[編集]

2013年7月、ミンチンは2015年にオーストラリア公演を企画していると語った[51]。2014年2月26日、2015年7月28日から2016年1月31日までシドニー・リリック・シアターで上演することが発表された[52][53][54]。ルイズ・ウィザーズがプロデュースを担当することになった[55]。2014年10月にチケットが発売されることがウォルシュ・ベイのピア2/3で発表され、ミンチンの他、インターナショナル・エグゼクティヴ・プロデューサーのアンドレ・タジンスキー、ニューサウスウェールズ州副知事アンドリュー・ストナー、シドニーの出版社が出席した[56]

2015年3月、父役にダニエル・フレデリクソン、母役にマリカ・オーブリー、ミス・ハニー役にエリス・マケイン、トランチブル校長役にジェイムズ・ミラーが配役されたことが発表された[57]。1か月後、9歳のモリー・バーウィック、11歳のサシャ・ローズ、10歳のジョージア・タプリン、11歳のベラ・トーマスがマチルダ役でデビューすることが発表された[58]。その後他の出演者が発表された[53]

10月11日、シドニー公演終了から6週間後の2016年3月13日にメルボルンにあるプリンセス・シアターで開幕することが発表された[54][59][60]

あらすじ[編集]

第1幕[編集]

子供たちがコーラスで自身の両親たちの素晴らしさを自慢する。社交ダンスに夢中のワームウッド夫人が病院を訪れるが、自分が妊娠9ヶ月であることに無関心である。その後夫人はマチルダという名の女の子を出産する。医師はこれまで見た子供の中でもマチルダが最も美しいと思うが、夫人は出場できなかった社交ダンスコンテストのことで頭がいっぱいである。中古車販売員でテレビ中毒の夫ワームウッドは男の子が欲しかったが、醜いと言って子供を退け、娘を受け入れられない("Miracle")。

5年後、マチルダ・ワームウッドは熱心な読書家となったが、両親と兄マイケルと暮らしていることが不幸に感じる。ワームウッド夫妻はマチルダの才能に無関心で、しばしば マチルダを馬鹿にし、言葉で虐待する。父はロシアの実業家に150台の中古車を売ろうとしており、客をいかに騙して欠陥車を売りつけるか自慢し、マチルダはそれが不正であると訴える。マチルダは自室に戻り、膨大な本の中から選んで読書を始める。マチルダは本の中の物語から着想を得て、復讐として母の過酸化水素を父のヘア・オイルに混入させ、父の髪は明るい緑色になる("Naughty")。

地元の図書館にてマチルダはミス・ハニーと出会う。マチルダは書士のミセス・フェルプスに、子供に恵まれない世界で有名なアクロバットと脱出術師のカップルについての物語を語る。2人は悲しみを紛らわせるため、国際的メディアにエキサイティングで危険な演技を披露すると発表する。ミセス・フェルプスは その後どうなるのか尋ねるが、マチルダはその後の話はまだ作っておらず、また話に来ると語る。

翌日、マチルダは学校に初登校する。年長の生徒は学校は楽しくなく、監獄のようだと話す("School Song")。ミス・ハニーが担任として登場し、すぐにマチルダの大人びた行動や才能に感銘を受ける。ミス・ハニーは校長にマチルダの飛び級を提案する決心をする。しかしミス・ハニーは校長室の前で怯える("Pathetic")。入室すると、子供嫌いで厳格でオリンピックのハンマー投チャンピオンのトランチブル校長はミス・ハニーの提案を却下し、規則に沿うことが重要だと説教する("The Hammer")。

マチルダの自宅では父がロシアの富裕層への使い古しの車の売却に失敗してイライラしている。父はイライラをマチルダにぶつけ、マチルダが借りてきた図書館の本を壊し("Naughty (リプライズ)")、マチルダは復讐で父の帽子に接着剤を塗る。

マチルダは学校で同級生のラヴェンダーと友達になり、トランチブル校長が反抗的な子供を内側に棘の並ぶ小さな食器棚に何時間も閉じ込める「チョーキー」など残酷な罰を行なうことを知る("The Chokey Chant")。トランチブル校長の椅子に糖蜜をこぼした罪を責められ、ナイジェルは他の子供たちから後ろに校長が立っていると警告される。その様子を見ていたマチルダは不公平だとしてナイジェルを救出する決心をする。トランチブル校長の足音が聞こえ、マチルダはナイジェルに上着を掛けて隠そうと他の子供たちに語る。トランチブル校長がマチルダにナイジェルの居所を尋ねる。マチルダはナイジェルはナルコレプシーで眠ってしまったため上着をかけてやったと語り、ここで1時間以上寝ているため椅子に近付くことはできなかったと語る。トランチブル校長はこれを信じ、怒りの矛先を他の生徒のアマンダに向け、おさげを掴んで振り回し、ハンマー投げの要領でグランドの向こうに飛ばす。

ミス・ ハニーはマチルダを上級クラスへ進級させることを提案するため家庭訪問をすることを決める。ミス・ハニーはマチルダの母とダンス・パートナーのルドルフォに会う。ミス・ハニーはマチルダの母が娘の知性に無関心であることを知る。マチルダの母はミス・ハニーとマチルダが本や勉強に夢中になっていることをあざ笑う("Loud")。マチルダの家を出て、ミス・ハニーはマチルダを助けられなかったことに絶望し、非力を感じる("This Little Girl")。

マチルダは図書館に戻り、ミセス・フェルプスにカップルの話の続きをする。子供を怖がらせることが好きなハンマー投げの元世界チャンピオンのアクロバットの姉妹はカップルの公演を設定する。脱出術師はアクロバットが娘を身籠ったため公演を中止すると発表する。観客は沸き立つが、アクロバットの姉妹は観客への払い戻し金が発生するため激怒する。アクロバットの姉妹は公演をしなければ契約違反で刑務所行きと迫る。その後の話はまだ作っておらず、マチルダはミセス・フェルプスにまた話しに来ると語る。

学校でマチルダの同級生のブルース・ボグトロッターがトランチブル校長の個人所有のチョコレートケーキをつまみ食いする。トランチブル校長はブルースに同級生が見ている前でホールケーキを完食させる罰を課す。ミス・ハニーと同級生全員がブルースを励ます("Bruce")。ブルースは完食し、同級生はブルースの成功を祝福するが、トランチブル校長はブルースを引き摺りチョーキーに入れさせる。マチルダは「そんなのおかしい」と叫ぶ。

第2幕[編集]

マチルダの母は観客に読書よりテレビを薦める("Telly")。ラヴェンダーは観客にトランチブル校長の水差しにイモリを入れる計画を明かす。グランドで子供たちはどんな大人になりたいか歌う("When I Grow Up")。

マチルダは図書館に戻り、ミセス・フェルプスにアクロバットと脱出術師のカップルの話の続きをする。契約通りに上演するが、アクロバットは重傷を負い、出産直後に亡くなる。脱出術師は娘の世話のためアクロバットの姉妹を家に住まわせる。脱出術師はアクロバットの姉妹が陰で娘に残酷な仕打ちをし、召使いのように扱い、言葉上でも肉体的にも虐待をしていることを知らない。マチルダはその後の話をまだ作っておらず、また戻って話を終わらせる約束をする。

マチルダの父が帰宅し、スピードメーターに電動ドリルで細工してロシアの富裕層に使い古しの車を売ることに成功して喜ぶ("sic")。マチルダは父の詐欺にうんざりして怒鳴ると、父はマチルダを自室に閉じ込める。その夜、マチルダはアクロバットと脱出術師の話の続きを考える。アクロバットの姉妹の残虐行為は年々酷くなり、ある日殴って地下室に閉じ込め放置する。その夜脱出術師が予定より早く帰宅し、虐待を知る。脱出術師は娘を慰めるためにいつも一緒にいると約束する("I'm Here")。娘が眠ると怒り心頭の脱出術師はアクロバットの姉妹のもとへ急ぐが、その後脱出術師は姿を現すことはなかった。

翌日、トランチブル校長は自分に反抗しようとしている生徒を厳罰に処すためミス・ハニーのクラスにやってくる("The Smell of Rebellion")。トランチブル校長はラヴェンダーが水差しに入れたイモリを見つけ、すでに別件で怒られていたエリックに罪を問い、罰を与える。これに納得いかないマチルダはトランチブル校長に怒鳴る。激怒したトランチブル校長はマチルダに言葉の暴力を浴びせる。マチルダの怒りは頂点に達し、観客にどんな気持ちか訴える("Quiet")。マチルダは思った通りに物を動かす超能力を発揮し、水差しを割るとイモリはトランチブル校長に飛びつく。イモリを恐れるトランチブル校長は出て行く。ミス・ハニーは子供たちにトランチブル校長が戻る前に家に帰るよう促す。子供たちが帰ると、マチルダは自分の超能力をミス・ハニーに見せ、驚いたミス・ハニーはマチルダを家でお茶に招待する。

ミス・ハニーは家でマチルダに子供時代に両親が亡くなった後叔母のもとで育ち残酷な虐待を受けていたことを明かす。ミス・ハニーは農場の古い小屋を隠れ家にし、この廃屋に引っ越して住むことにしたのだ。にも関わらずミス・ハニーは幸せを見付けている("My House")。ミス・ハニーは自身の話をしてスカーフを取り出すと、マチルダはアクロバットと脱出術師の話と同じものであることに気付く。マチルダは自分が考え出した物語はミス・ハニーが子供の頃に経験した実際の話と同じことに気付く。マチルダは脱出術師はミス・ハニーの父マグナスで、残酷な叔母はトランチブル校長だと気付く。マチルダはマグナスがトランチブル校長を追った後、トランチブル校長はマグナスを殺害したと推測する。

学校でトランチブル校長は子供たちにスペリング・テストを受けさせ、1問でも間違えばチョーキーにかけると脅す。子供たちはなかなか間違わず、トランチブル校長はラヴェンダーを罰にかけようと単語を作り上げる。ラヴェンダーがスペルを間違え、トランチブル 校長はラヴェンダーをチョーキーに連れて行こうとすると、チョーキーに複数の人数をかけさせることはできないため同級生たちは簡単な単語を故意に間違える。チョーキーを増やしたトランチブル校長はこれを意に介さない。トランチブル校長が子供たちに怒鳴ると、マチルダは超能力を使ってマグナスの幽霊を装い黒板に娘に家を返さなければ自分を殺したようにトランチブル校長を殺すと書き、トランチブル校長は学校から逃げ出して二度と戻っては来なくなり、子供たちは自由を祝う("Revolting Children")。

図書館でミス・ハニーとミセス・フェルプスはその後を語りあう。トランチブル校長が去った数日後、ミス・ハニーの両親が遺した遺産が見つかる。両親は全ての金銭と邸宅を娘に遺していたのだ。担任の仕事だけでなく、ミス・ハニーは新たな校長となり、子供たちがより学びやすい環境を作る。マチルダは超能力を使う必要がなくなったためその能力を失う。ミス・ハニーは多くの人々を助けるマチルダが愛のない家庭にまだいることに心を痛める。

ワームウッド家はパニックになりながら図書館にやってきて、ロシアの富裕層が車の欠陥に気付き父を追っているためマチルダにスペインに共に逃げなければならないと告げる。マチルダは同行したくなく、ミス・ハニーは父にマチルダが自分と共に住めるように頼むが、結論を出す前にマフィアが到着する。マフィアのリーダーのセルゲイはマチルダがロシア語で話しかけたためその知性に感銘を受ける("This Little Girl (リプライズ)")。マチルダがロシア語で語った通り、セルゲイは家族に危害を与えないことに同意し、二度とマチルダの父とは契約しないと語る。マチルダの父はマチルダをミス・ハニーと暮らすことに同意し、マチルダは父に感謝し握手する。一家はルドルフォと共に去る。

マチルダとミス・ハニーは一家が去ったことに気付かずハグをし、ミス・ハニーの新居がシルエットで浮かび上がる。出演者はスクーターで登場し、どんな大人になるか想像を続ける("When I Grow Up (リプライズ)").

使用楽曲[編集]

#キャスト・レコーディングには含まれない

演奏楽器はキーボード、リード楽器、金管楽器、弦楽器、打楽器など10から13種類が使用されている[61]。上演時間は休憩を1回挟んで計2時間40分である[62][63]。『Overture 』はブロードウェイ公演のみ、『Entr'acte 』はロンドン公演のみで演奏されているが、最後の小節は次の曲『When I Grow Up 』に組み込まれている。

編成[編集]

各公演の楽器編成
ストラトフォード ウエスト・エンド ブロードウェイ
  • リード 1 : フルート, アルト・サクソフォン, クラリネット
  • リード 2 : テナー・サクソフォン, クラリネット, バス・クラリネット
  • リード 1 : フルート, アルト・サクソフォン, クラリネット
  • リード 2 : テナー・サクソフォン, クラリネット, バス・クラリネット
  • トランペット 1 (フリューゲルホルン、ピッコロ・トランペットと持ち替え)
  • トランペット 2 (コルネット、ピッコロ・トランペットと持ち替え)
  • トロンボーン (バス・トロンボーンと持ち替え)
  • トランペット 1
  • トランペット 2
  • トロンボーン (バス・トロンボーンと持ち替え)
  • ドラムキット/パーカッション
  • 2 キーボード
  • 2 キーボード

レコーディング[編集]

2011年9月、ストラトフォード公演オリジナル・キャストによるキャスト・アルバムのCDがリリースされ、1か月後デジタル配信された。『When I Grow Up 』(リプライズ)の後に隠しトラックとして語りが入っている。実際の公演ではこの語りは『Quiet 』前後に一部聞こえるものが、全編収録されている[64]。2013年9月22日、新たなブロードウェイ公演オリジナル・キャスト版のCDがリリースされた[65]。『The Chokey Chant 』が収録されるなど、イギリス版より曲数が多い。デラックス版にはマチルダのアクロバットや魔術師の物語、ストラトフォードのプレビュー公演で時間短縮のためカットされたセルゲイが歌う『Perhaps a Child 』、マチルダ役4名による『Naughty 』などが収録されている。

主要な役およびオリジナル・キャスト[編集]

キャラクター オリジナル・ストラトフォード・キャスト
[66][67]
オリジナル・ウエスト・エンド・キャスト
[68][69]
オリジナル・ブロードウェイ・キャスト
[70][71][72][73]
オリジナル・オーストラリア・キャスト
[53][57][58]
全米ツアー・キャスト
[48][50]
マチルダ・ワームウッド アドリアナ・バートラ
ジョシー・グリフィス
ケリー・イングラム
クレオ・ディミトリオ
エレノア・ワーシントン・コックス
ソフィア・キーリー
ケリー・イングラム
ソフィア・ジェヌサ
オーナ・ローレンス
ベイリー・リオン
ミリー・シャピロ[74]
モリー・バーウィック
サシャ・ローズ
ジョージア・タプリン
ベラ・トーマス[58]
ギャビー・ガティレツ
ミア・シンクレア・ジェネス
メイベル・タイラー[50]
ミス・アガサ・トランチブル バーティ・カーヴル ジェイムズ・ミラー[57] ブライス・ライネス[50]
ミス・ジェニファー・ハニー ローレン・ウォード エリス・マケイン[57] ジェニファー・ブラッド[50]
ミスター・ワームウッド ポール・ケイ ゲイヴリエル・エバート[74] ダニエル・フレデリクソン[57] クイン・マトフェルド[50]
ミセス・ワームウッド ジョシー・ウォーカー レスリー・マーゲリタ[74] マリカ・オーブリー[57] キャシー・シルヴァ[50]
マイケル・ワームウッド ピーター・ハウ テイラー・トレンシュ[74] ダニエル・レイソ ダニー・ティガー
ミセス・フェルプス メラニー・ラ・バリー カレン・アルドリッジ[74] クレ・モーガン オラ・ジョーンズ
コック ヴェリティ・ベンサム ベツィ・ストラクスネス レイチェル・コール ステファニー・マーティグネティ
魔術師a マシュー・モルトハウス ベン・トンプソン[74] グレン・ヒル ジャスティン・パッカード
セルゲイ アリステア・パーカー ジョン・サンダース[74] スティーブン・アンダーソン アイアン・マイケル・スチュアート
取り巻きの男 マーク・アントリン
ニック・サール
タイン・ジャスパーソン
ライアン・スティール
アンドリュー・クック
イーライ・クーパー
ジョン・マイケル・フューメラ
ダリアス・ライト
取り巻きの女 - ルーシー・サッチャー タミカ・ソニア・ローレンス ナディア・コマゼック ショニカ・グーデン
アクロバット エミリー・ショウ サマンサ・スターム[74] クリスティナ・ダゴスティノ ウェズリー・フォーンチャー
教師 マイケル・ルース ティム・ウォルトン -
医師 マイケル・ルース ティム・ウォルトン ジョン・アーサー・グリーン リース・バディン アイアン・マイケル・スチュアート
パーティ・エンタテイナー - ジョン・サンダース スティーブン・アンダーソン ジェイケス・アンドレ・シムズ
ルドルフォ マイケル・ルース ゲイリー・ワトソン フィリップ・スペース[74] トラヴィス・カン ジェイケス・アンドレ・シムズ
ブルース・ボグトロター クアン・フライ
ジェイク・ベイリー
ジェイムズ・ビースリー
ジェイク・ベイリー
ジェイムズ・ビースリー
ザカリー・ハリス
ジャック・ブロデリック [74] アンソニー・エイブラクマノフ
ジョシュア・パーク
イーサン・ピュース
ジャック・リーズン
イーヴァン・グレイ
ルーク・コーブ・マニクス
メリキ・ハード
ラベンダー ルビー・ブリドル
レベッカ・ストール
ミスティ・メイ・ティンドール
ルビー・ブリドル
ジェミマ・イートン
エリー・サイモンズ
フレニー・エイコバ [74] ゾイ・イングラム
ルビー・ラホード
シャニス・リム
ケイシー・ウォルフォール
キャシディ・ヘイゲル
セレナ・クォドレイト
アマンダ・スリップ ケイティ・リー
ジェイディ・ローズ・ホブソン
ララ・ウィーヴァー
リリー・レイト
イソベル・モロイ
ルーシー・メイ・ポラード
ベアトリス・タルチン [74] アンバー・メイ
パリス・ノーモフスキ
メイ・ヤマダ
ケイラ・アミスタッド
キャシディ・ヘイゲル
セレナ・クォドレイト
ナイジェル アーサー・バーン
アダム・スコットランド
ジェイク・プラット
ウィリアム・キーラー
アルフィー・メンサー
ジェイドン・ヴィン
ジャレッド・パーカー [74] イウァン・ハードマン
ジェイコブ・リカストロ
リーガン・ウォーカー
キャル・アレクサンダー
メリキ・ハード
ルーク・コーブ・マニカス
エリック シヴァム・ガプタ
ジャック・クリストウ
トビー・マレイ
トビー・マレイ
ルイス・サク
テッド・ウィルソン
テッド・ウィルソン [74] カイル・バンフィールド
ジョーイ・ゲイディン
ケイラム・ロジャース
アリストトル・ロック
ルーク・コーブ・マニカス
セレナ・クァドレイト
アリス ジェシカ・ドガタ
エリー・サイモンズ
アナベル・パーソンズ
アリシア・ゴード
ジェミマ・モーガン
アナベル・パーソンズ
エイヴァ・ディメアリー [74] アビゲイル・アドリアノ
アヤンダ・ドラダ
エリカ・パーマ
キャシディ・ヘイゲル
ブリタニー・コニガティ
カムデン・ゴンザレス
セレナ・クォドレイト
ホーテンシア ジェシカ・アデア
デイジー・ブロフィ
シャイエン・サンダース
オーナー・コックス
フラー・ホウディク
ケイティ・リー
エマ・ハワード [74] メイヤ・アーヤ
エリザ・キャロラン
アリッサ・クッドル
メーガン・マクガフ
カムデン・ゴンザレス
ブリタニー・コニガティ
トミー チャーリー・キャラガン
ケイラム・ヘンダーソン
デンジル・サンプソン
トーマス・アトキンソン
ジェイミー・ケイ
ケイラム・ヘンダーソン
ジュダ・ベラミー [74] コディ・エティンホーセン
レイトン・ホームズ
ジオン・レンジ
メリキ・ハード
ブリタニー・コニガティ
ルーク・コーブ・マニカス
カムデン・ゴンザレス
レジナルド エリオット・アリソン
トーマス・マギャリティ
ロバート・マッジ
-
  1. ^ ブロードウェイ公演にて「魔術師(The Escapologist)」はのちに「脱出魔術師(The Escape Artist)」に変更された。

著名な代役[編集]

ブロードウェイ公演

映画化[編集]

2013年6月、ティム・ミンチンは将来的な映画化計画について語った。ミンチンはインタビューにて「イギリス版だけでなく、ニューヨークに進出して全米ツアー公演も計画しており、4、5年以内に映画を製作するかもしれない」と語った[46]。1996年の映画『マチルダ』で主演したマーラ・ウィルソンはカメオ出演の意欲を示した[76]。2013年11月15日、『デイリー・メール』紙の記事において、ミュージカル『マチルダ』でトニー賞脚本賞を受賞したデニス・ケリーが映画版の脚本を手掛け[77]、ミンチンが追加曲を作曲し、ウォーカスが監督と務めることが報じられた[78]。ブロードウェイ公演の契約で、開幕後6年間は映画版の製作ができないため、早くても2019年の公開となる[78]。にも関わらず、2016年終盤には撮影が始まるとみられ、当初の計画より早く公開される可能性がある[79]

評価[編集]

2010年、RSCストラトフォード公演[編集]

批評家のマイケル・ビリントン英語版は『ガーディアン』紙で5つ星中4つ星の評価をした。彼は小説からの舞台化、「活気ある音楽および歌詞」、演出、装置デザイン、演技、特にトランチブル校長役を演じたバーティ・カーブルの演技を称賛した[80]。『インデペンデント』紙も5つ星中4つ星の評価をし、「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーは幅広い客層が楽しめるミュージカルで金脈を掘り当てた。ケリーによる舞台化は巧妙でウィットに富み、ミンチン作曲の複雑な新曲はダールによる物語を向上させている。ウォーカスの驚くほど稽古の行き届いたプロダクションはグロテスクなユーモアとハートウォーミングな痛烈さのちょうど良いバランスを見つけた」と語った[81]

ジャーナリストのチャールズ・スペンサー英語版は『デイリー・テレグラフ』紙に満点の5つ星の評価をし、「華麗に軽妙で、覚えやすい曲、魅力的な振付、とても可愛く愉快な子役たち、バーティ・カーヴルのような素晴らしいスター…ケリーによる脚本はダールの物語の感情面を掘り下げ、ケリー独自の優れたジョークも追加され」、「楽しく、ハートウォーミングで、観客の心を掴む」と結論付けた[82]The Arts Desk のマット・ウルフは「大人が涙をぬぐっていることをニヤニヤして見ている子供をたくさん見掛けた」と語った[83]。『ロンドン・イヴニング・スタンダード』紙のヘンリー・ヒッチングスも演技、演出、デザインを称賛し、ミンチンの曲は「様式と優れた巧妙さを巧みに使い分けたウィットに富んでいる」と語った。また彼は「作品を通して陽気であり、愛すべき『マチルダ』の魔法にかけられる。子供だけでなく大人も大いに楽しめる」と続けた[84]

ロンドン公演[編集]

ロンドン公演での評価もとても高かった[85]。『デイリー・エクスプレス』紙のジュリー・カーペンターは満点の5つ星評価をした上で「満点以上」と称し、「楽しさ、快活さ、残酷さ、素晴らしい振付の圧倒的で独創的なミックスで、開幕直後から舞台上の子供たちを応援したくなる。素晴らしい。」と語った[86]。『イヴニング・スタンダード』紙のヘンリー・ヒッチングのレビューでも5つ星評価をされ、音楽、歌詞、脚本、装置デザイン、振付、演出、演技を称賛した[87]。『ガーディアン』紙のレビューでは「このヒット公演を見逃すべきではない」と記された[88]。5つ星評価の『デイリー・メール』紙のクエンティン・レッツは唯一「大仰」と指摘した[89]。『ザ・ステージ』紙も満点の5つ星評価をした[90]。『テレグラフ』において2010年にウエスト・エンドに進出したプロダクションについてスペンサーは以下のように記した:

当初私はこの作品が何年も観客を魅了し続けるとは思ってもいなかった。ケリーの脚本は実際向上し、ダールのオリジナルの物語を深め、ウィットに富んだ覚えやすいミンチンの素晴らしい音楽と併せてあらすじと登場人物の理解がしやすくなった。脚本家と作曲家のセンス溢れる2人の作家がタッグを組んだ。『マチルダ』は残酷さと下品さが除かれ頓智がきいている。ウォーカスのスリリングでハートウォーミングなプロダクション、ロブ・ハウエルによる豊富なデザイン、ピーター・ダーリングによる洗練された振付が驚異およびコメディと融合している。子役および大人の演技、特にベイリーの演技は陽気で、ウォーカーとケイの演技は印象的で、ウォードの演技は感動的である。しかしこの公演のスターは バーティ・カーヴルであった。[91]

フィナンシャル・タイムズ』、『タイムズ』、『サンデー・タイムズ』はそれぞれ5つ星中4つ星の評価をしたが、やや批判的であった[85]。『ニューヨーク・タイムズ』のベン・ブラントリーは「暗い物語を近年まれにみる明るいファンタジーに変化した甘く巧妙な作品」と記した[92]。開幕から1年後、『タイム・アウト』誌は5つ星中4つ星の評価をし、カーヴルの降板を報じると同時に「やや長過ぎで突飛である」としたが「とても楽しい」と評価した[93]

ニューヨーク公演[編集]

ニューヨークの批評家の多くはブロードウェイでの舞台化に高い評価をした。ブラントリーは「思いがけないほどの狡猾さと優雅さを兼ね備えた『マチルダ』は基本的な視点を私たちに植え付ける。それは言葉や言語、本や物語、防衛、攻撃、生き残りをかけた武器としての計り知れない価値などについてである。そして何よりこれは自分に自信を持つことについての陽気な物語である」と記した。彼は子役について「言葉に力強さ」があり、そのため「魅力的な歌詞」がとても聴きやすいと語った[94]。『タイム』誌のリチャード・ゾグリンはこの公演について「シンプルだが独特な旋律および複雑な歌詞で舞台を織り成す音楽」と共に「ブロードウェイ・ミュージカルのフレッシュなスタート」とし、「舞台の全ての要素がまるで手作りで的確」と記した。彼は演出家のウォーカスについて「キャラクターを魅力的に見せているが、同時に静かな激しさも持ち合わせている」と記した。第二幕について「やや長過ぎ」とした他、「子供たちの甲高い声、イギリス訛り、音響により多くの歌詞が混同する」と記した[95]。『ニューヨーク・ポスト』紙のエリザベス・ヴィンセンテリは「この作品は非常に魅力的で、ブロードウェイへの信頼を回復する」と語った[96]。『ハリウッド・リポーター』のデイヴィッド・ルーニーは「1988年のロアルド・ダールの児童文学の独自の解釈」とし、「騒々しさと辛辣さ、グロテスクと脅威が転じてこの楽しい物語ができ、感情的強さにより作り上げられている」と語った[97]

『タイム・アウト・ニューヨーク』で作家のデイヴィッド・コートはブロードウェイで上演するにはイギリス寄り過ぎるのかどうか考察し、「『マチルダ』は子供ミュージカルであるが、子供についてのミュージカルではない。そのため若い観客やダールの熱狂的ファンに限って興味を持つかもしれない。『マチルダ』は驚くほど賢明で広く楽しめる作品であるのにもったいない」と記した[98]。『トゥデイ』のレビューで「感動的で魅力的」とされた[99]。イギリスの『テレグラフ』紙は5つ星中4つ星の評価をし、「ブロードウェイ進出に際し、より洗練された。全体的に見て、より騒々しく、より誇張され、ギルバーシャンは歌詞を翻訳するのではなく巧みに操った。しかし大きな心と知性はほぼそのまま残った」と語った[100]。『ファイナンシャル・タイムズ』のブレンダン・レモンによるレビューでも5つ星中4つ星評価された[101]

受賞歴[編集]

ロンドン公演[編集]

部門 ノミネート者 結果 脚注
2011 批評家サークル・シアター賞 ミュージカル作品賞 受賞 [102]
TMAアワードUK ミュージカル作品賞 受賞 [103]
演技賞 バーティ・カーヴル 受賞
イヴニング・スタンダード賞 ミュージカル作品賞 受賞 [104]
男優賞 バーティ・カーヴル ノミネート
演出賞 マシュー・ウォーカス ノミネート
英国作曲家賞 舞台作品賞 ティム・ミンチン ノミネート[105] [106]
2012 Whatsonstage.com賞 新作ミュージカル賞 受賞[107] [108]
ミュージカル男優賞 バーティ・カーヴル ノミネート[109]
ミュージカル女優賞 クレオ・ディミトリオ
ケリー・イングラム
エレノア・ワーシントン・コックス
ソフィア・キーリー
ノミネート[109]
ミュージカル助演男優賞 ポール・ケイ ノミネート[109]
ミュージカル助演女優賞 ローレン・ウォード ノミネート[109]
ロンドン新人賞 ティム・ミンチン 受賞[110]
振付賞 ピーター・ダーリング 受賞[110]
演出賞 マシュー・ウォーカス ノミネート[109]
装置デザイン賞 ロブ・ハウエル 受賞[110]
ローレンス・オリヴィエ賞 新作ミュージカル作品賞 受賞[111] [112]
ミュージカル男優賞 バーティ・カーヴル 受賞[111]
ミュージカル女優賞 クレオ・ディミトリオ
ケリー・イングラム
エレノア・ワーシントン・コックス
ソフィア・キーリー
受賞[111]
ミュージカル助演賞 ポール・ケイ ノミネート[111]
演出賞 マシュー・ウォーカス 受賞[111]
振付賞 ピーター・ダーリング 受賞[111]
装置デザイン賞 ロブ・ハウエル 受賞[111]
衣裳デザイン賞 ノミネート[111]
照明デザイン賞 ヒュー・ヴァンストン ノミネート[111]
音響デザイン賞 サイモン・ベイカー 受賞[111]
2013 Whatsonstage.com賞 ウエスト・エンド公演賞 ノミネート[113] [114]
ローレンス・オリヴィエ賞 観客賞 ノミネート[115] [116][117]
2014 Whatsonstage.com賞 ウエスト・エンド賞 受賞[118] [119]

ブロードウェイ公演[編集]

部門 ノミネート者 結果 脚注
2013 トニー賞 ミュージカル作品賞 ノミネート [120][121]
ミュージカル脚本賞 デニス・ケリー 受賞
オリジナル楽曲賞 ティム・ミンチン ノミネート
ミュージカル主演男優賞 バーティ・カーヴル ノミネート
ミュージカル助演男優賞 ゲイブリエル・イーバート 受賞
ミュージカル助演女優賞 ローレン・ウォード ノミネート
ミュージカル演出賞 マシュー・ウォーカス ノミネート
振付賞 ピーター・ダーリング ノミネート
編曲賞 クリストファー・ナイティンゲイル ノミネート
ミュージカル装置デザイン賞 ロブ・ハウエル 受賞
ミュージカル衣装デザイン賞 ノミネート
ミュージカル照明デザイン賞 ヒュー・ヴァンストン 受賞
特別賞 ソフィア・ゲヌサ
オーナ・ローレンス
ベイリー・ライオン
ミリー・シェイピロ
受賞[122]
ドラマ・リーグ賞 ブロードウェイ/オフ・ブロードウェイ・ミュージカル・プロダクション賞 ノミネート [123]
演技賞 バーティ・カーヴル ノミネート
外部批評家サークル賞 新作ブロードウェイ・ミュージカル賞 ノミネート [124]
ブロードウェイ/オフ・ブロードウェイ・ミュージカル脚本賞 受賞
振付賞 ピーター・ダーリング ノミネート
装置デザイン賞 ロブ・ハウエル 受賞
ミュージカル男優賞 バーティ・カーヴル ノミネート
ドラマ・デスク・アワード ミュージカル作品賞 受賞 [125]
ミュージカル脚本賞 デニス・ケリー 受賞
ミュージカル助演男優賞 バーティ・カーヴル 受賞
ミュージカル演出賞 マシュー・ウォーカス ノミネート
振付賞 ピーター・ダーリング ノミネート
作詞賞 ティム・ミンチン 受賞
装置デザイン賞 ロブ・ハウエル 受賞
ニューヨーク演劇批評家サークル賞 ミュージカル作品賞 受賞[126] [126]
シアター・ワールド・アワード賞 バーティ・カーヴル 受賞[127] [127]
2014 グラミー賞 ミュージカル・シアター・アルバム賞 バーティ・カーヴル, ソフィア・ゲヌサ, オーナ・ローレンス, ベイリー・ライオン, ミリー・シャピロ、ローレン・ウォード(主要キャスト); マイケル・クロイター, ヴァン・ディーン、クリス・ナイティンゲイル(プロデューサー); ティム・ミンチン(作詞作曲) ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b Jones, Kenneth. "Clybourne Park, Matilda and Suchet Honored in London's Critics' Circle Theatre Awards" Archived 2012年10月19日, at the Wayback Machine. Playbill, 25 January 2011.
  2. ^ Peter Hall and Derek Jacobi among winners at Theatre Awards UK”. The Stage (2011年10月30日). 2012年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c Matilda musical breaks Olivier awards record”. BBC (2012年4月15日). 2012年4月15日閲覧。
  4. ^ 'Matilda' Wins Top Musical With Critics' Circle Distinction”. The Huffington Post (2013年5月3日). 2013年5月3日閲覧。
  5. ^ Play about maths genius equals Matilda's record”. The Guardian (2013年4月29日). 2013年5月3日閲覧。
  6. ^ Royal Shakespeare Company stages world premiere of Roald Dahl's Matilda in winter 2010”. Royal Shakespeare Company (2009年9月30日). 2010年4月7日閲覧。
  7. ^ Shenton, Mark. "RSC Presents Premiere of New Musical Matilda, Opening Dec. 9; Matthew Warchus Directs". Playbill. 9 December 2010.
  8. ^ [1] and [2]
  9. ^ Serena Alllot. Waltzing Matilda: Dahl's classic dances on to the stage The Daily Telegraph, 26 November 2010
  10. ^ Billington, Michael. "Review-'Matilda'"The Guardian, 10 December 2010
  11. ^ West End Musical Matilda Will Now Begin Performances October 25”. Theatre Mania (2011年9月29日). 2012年1月19日閲覧。
  12. ^ Matilda - review Cambridge Theatre, London”. The Guardian (2011年11月25日). 2012年1月19日閲覧。
  13. ^ Matilda at the Cambridge Theatre is hilarious, moving and magical”. The Telegraph (2011年11月25日). 2012年1月19日閲覧。
  14. ^ peter hall and derek jacobi among winners”. The Stage. 2012年1月19日閲覧。
  15. ^ Frankensteins Share Best Actor in Standard Awards, Smith Wins with Flare Date: 20 November 2011”. Whats on Stage (2011年11月20日). 2012年1月19日閲覧。
  16. ^ http://www.matildathemusical.com/news/new-cast-announcement/
  17. ^ RSC announces four new girls for West End Matilda”. WhatsOnStage (2012年8月9日). 2012年8月9日閲覧。
  18. ^ Matilda Meets Her Maj At 100th Royal Variety Bash”. theatrepeople.com (2012年11月27日). 2013年9月6日閲覧。
  19. ^ Watch the West End Cast of Matilda Perform a 'Naughty' Medley at Royal Variety Performance”. broadway.com (2012年12月4日). 2013年9月6日閲覧。
  20. ^ MATILDA To Open Broadcast of BBC Children In Need! With Georgia Pemberton as Matilda.”. broadwayworld.com (2013年11月13日). 2013年11月15日閲覧。
  21. ^ RSC's Matilda cast kick-off Children in Need”. Leamington Observer. leamingtonobserver.co.uk (2013年11月15日). 2013年11月15日閲覧。
  22. ^ Matilda the Musical to transfer to Broadway”. BBC (2012年2月29日). 2012年3月15日閲覧。
  23. ^ The battle to keep award-winning musical Matilda British”. Daily Mail (2012年4月19日). 2012年4月20日閲覧。
  24. ^ Olivier Winner Bertie Carvel to Reprise Role as Evil Headmistress Miss Trunchbull in Matilda on Broadway”. broadway.com (2012年11月8日). 2012年11月8日閲覧。
  25. ^ MATILDA THE MUSICAL to Play Shubert Theatre on Broadway! Previews Begin March 2013, Opens April 2013”. Broadway World (2012年7月19日). 2012年7月19日閲覧。
  26. ^ Carvel stars in N.Y. 'Matilda'”. Variety (2012年11月8日). 2012年11月8日閲覧。
  27. ^ RSC's Matilda: the Musical a hit on Broadway”. The Guardian (2013年4月12日). 2013年4月13日閲覧。
  28. ^ Meet 4 girls picked to play Broadway's 'Matilda'” (2012年11月8日). 2012年11月15日閲覧。
  29. ^ The extraordinary power of Matilda: hit musical waltzes to more success on Broadway”. The Independent (2013年4月12日). 2013年4月13日閲覧。
  30. ^ Matilda: Oh, You Beautiful Dahl”. Playbill (2013年4月11日). 2013年4月13日閲覧。
  31. ^ Matilda the Musical is 'thinned out’ for Americans”. The Daily Telegraph (2013年3月17日). 2013年4月13日閲覧。
  32. ^ Matilda Teaches Broadway a Thing or Two”. The Huffington Post (2013年4月12日). 2013年4月13日閲覧。
  33. ^ Hetrick, Adam. "Bertie Carvel and Lauren Ward Exit Broadway's 'Matilda The Musical' Sept. 1" Playbill, 1 September 2013
  34. ^ Hetrick, Adam. "Injury Delays Craig Bierko's Arrival in 'Matilda'; Chris Hoch Steps in as Trunchbull Sept. 3" Archived 2013年9月7日, at the Wayback Machine. Playbill, 3 September 2013
  35. ^ Tim Minchin's Matilda breaks Broadway record
  36. ^ Hetrick, Adam. アーカイブされたコピー”. 2013年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月27日閲覧。 Playbill, 19 November 2013
  37. ^ Hollander, Sophia [3] The Wall Street Journal, 26 November 2013
  38. ^ Gilbert, Ryan [4] broadway.com, 11 December 2013
  39. ^ Get Naughty! Matt Harrington & Tony Nominee Christopher Sieber Join the Revolting Cast of Matilda”. Broadway.com (2014年1月31日). 2014年2月1日閲覧。
  40. ^ Rehearsal Injury Delays Christopher Sieber's Bow in Broadway's Matilda The Musical”. Playbill (2014年3月14日). 2014年3月15日閲覧。
  41. ^ The Trunchbull Curse Continues: Christopher Sieber Delays First Matilda Performance Again”. Broadway.com (2014年4月4日). 2014年4月5日閲覧。
  42. ^ Maggots Beware! Christopher Sieber (Finally) Steps Into Matilda as Miss Trunchbull”. Broadway.com (2014年4月18日). 2014年4月20日閲覧。
  43. ^ Four New Magical Maggots Join the Cast of Matilda in Title Role on Broadway”. Broadway.com (2014年4月21日). 2014年4月25日閲覧。
  44. ^ 'Matilda the Musical' recoups on Broadway”. 2014年12月6日閲覧。
  45. ^ Amy Spanger, Allison Case & More Begin Performances in Matilda on Broadway”. Broadway.com. 2015年9月8日閲覧。
  46. ^ a b Tim Minchin Reveals Plans for MATILDA US Tour, Film?
  47. ^ Matilda The Musical Will Launch National Tour in 2015”. Playbill (2014年2月6日). 2014年2月6日閲覧。
  48. ^ a b c US Tour Cast Announced”. uk.matildathemusical.com. 2015年4月23日閲覧。
  49. ^ Matilda the Musical National US Tour Premieres 2015”. us.matildathemusical.com. 2015年4月22日閲覧。
  50. ^ a b c d e f g Leading Ladies of MATILDA THE MUSICAL National Tour Revealed; Bryce Ryness, Cassie Silva & More Among Cast!”. broadwayworld.com. BroadwayWorld.com. 2015年4月22日閲覧。
  51. ^ Matilda Eyes Australian Premiere; Tim Minchin at Work on New Musical”. Playbill (2013年7月24日). 2013年9月6日閲覧。
  52. ^ http://www.broadwayworld.com/article/MATILDA-to-Make-Australian-Premiere-at-Sydney-Lyric-Theatre-in-August-2015-20140226
  53. ^ a b c Australian Cast Announced”. uk.matildathemusical.com. 2015年4月23日閲覧。
  54. ^ a b Tim Minchin's Matilda the Musical is moving to Melbourne in March”. www.smh.com.au. Sydney Morning Herald. 2015年10月19日閲覧。
  55. ^ Matilda the Musical waltzes into Australia”. RSC. 2014年3月15日閲覧。
  56. ^ Matilda the Musical - Australian Launch”. 2015年4月22日閲覧。
  57. ^ a b c d e f Casting announced for the Australian production of Roald Dahl's Matilda The Musical”. roalddahl.com. RoaldDahl.com. 2015年4月22日閲覧。
  58. ^ a b c Matilda the Musical casts its young stars: Molly Barwick, Sasha Rose, George Taplin and Bella Thomas”. The Sydney Morning Herald. 2015年4月22日閲覧。
  59. ^ Matilda the Musical to play at Princess Theatre in Melbourne from March 2016”. www.heraldsun.com.au. Sunday Herald Sun. 2015年10月19日閲覧。
  60. ^ Matilda the Musical Melbourne”. au.matildathemusical.com. The Royal Shakespeare Company. 2015年10月19日閲覧。
  61. ^ Matilda the Musical”. Internet Broadway Database. 2013年5月30日閲覧。
  62. ^ Matilda the Musical”. Royal Shakespeare Company. 2012年1月19日閲覧。
  63. ^ Inside the Playbill: Matilda The Musical - Opening Night at Shubert Theatre Page 4”. playbillvault.com. 2013年5月3日閲覧。
  64. ^ "Matilda" – Original Cast Recording”. Theatreaficionado.com (2011年10月19日). 2012年1月19日閲覧。
  65. ^ Matilda The Musical Track Listing
  66. ^ Casting Update”. Royal Shakespeare Company (2010年9月10日). 2012年1月19日閲覧。
  67. ^ Matilda Stratford archvie”. The Shakespeare Birthplace Trust Archive Catalogue. 2012年2月8日閲覧。
  68. ^ Matilda's announced”. Tim Minchin (2011年9月13日). 2012年1月19日閲覧。
  69. ^ Matilda London Adult Cast”. Tim Minchin (2011年5月19日). 2012年1月19日閲覧。
  70. ^ Olivier Winner Bertie Carvel Will Make Broadway Debut in Matilda The Musical”. Playbill (2012年11月8日). 2012年11月8日閲覧。
  71. ^ ‘Matilda’ Musical Names Four Stars”. The New York Times (2012年11月15日). 2012年11月16日閲覧。
  72. ^ Hetrick, Adam. "Lesli Margherita, Gabriel Ebert, Lauren Ward and More Join Broadway Cast of Matilda" Playbill (19 December 2012)
  73. ^ Matilda the Musical at the Shubert Theatre”. playbillvault.com. 2012年12月19日閲覧。
  74. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Inside the Playbill: Matilda The Musical - Opening Night at Shubert Theatre”. Playbill. playbillvault.com. 2013年4月15日閲覧。
  75. ^ Craig Bierko and Jill Paice Join Cast of Broadway's Matilda Sept. 3”. Playbill (2013年9月3日). 2013年9月6日閲覧。
  76. ^ Frequently Asked Questions : Mara Wilson Writes Stuff
  77. ^ http://www.broadway.com/buzz/173075/tony-winner-dennis-kelly-to-pen-screenplay-for-new-matilda-movie-musical-adaptation/#loc=buzz-rr-tab-popular
  78. ^ a b Matilda heads for Hollywood”. Daily Mail (2013年11月15日). 2013年11月15日閲覧。
  79. ^ http://www.smh.com.au/entertainment/stage/matilda-the-musical-director-matthew-warchus-turns-to-skype-for-sydney-show-20150818-gj1jcp.html#ixzz3jHkMJL68%EF%BF%BD
  80. ^ Billington, Michael. "Matilda – review", The Guardian, 9 December 2010. Retrieved 1 October 2013
  81. ^ Taylor, Paul. "Matilda, Courtyard Theatre, Stratford-upon-Avon", The Independent, 14 December 2010. Retrieved 1 October 2013
  82. ^ "Matilda, Courtyard Theatre, review", The Daily Telegraph, 10 December 2010. Retrieved 1 October 2013
  83. ^ Wolf, Matt. "Matilda the Musical, RSC/Stratford-upon-Avon", The Arts Desk, 10 December 2010. Retrieved 1 October 2013
  84. ^ Hitchings, Henry. "Triumph of classroom wit in Matilda", London Evening Standard, 10 December 2010. Retrieved 1 October 2013
  85. ^ a b "Matilda the Musical", The Omnivore. Retrieved 2 October 2013
  86. ^ Carpenter, Julie. "Theatre review – Matilda the Musical, Cambridge Theatre, London", Daily Express, 25 November 2011. Retrieved 2 October 2013
  87. ^ "Matilda the Musical, Cambridge Theatre – review, The Standard, 25 November 2011. Retrieved 2 October 2013
  88. ^ Carter, Imogen. "Matilda the Musical – review", The Guardian, 26 November 2011. Retrieved 2 October 2013
  89. ^ Letts, Quentin. "Wart a show! A beasty baddie and stonking songs", Daily Mail, 25 November 2011. Retrieved 2 October 2013
  90. ^ Martland, Lisa. "Matilda the Musical", The Stage, 26 November 2011. Retrieved 2 October 2013
  91. ^ "Matilda, Cambridge Theatre, review", The Telegraph, 25 November 2011. Retrieved 2 October 2013
  92. ^ Brantley, Ben. "Sugar and Spice, and Something Sinister", The New York Times, 31 January 2012. Retrieved 2 October 2013
  93. ^ "Matilda the Musical", Time Out, 24 October 2012. Retrieved 2 October 2013
  94. ^ Brantley, Ben. "Children of the World, Unite!" The New York Times, 11 April 2013
  95. ^ Zoglin, Richard. "Matilda: The Best Musical Since The Lion King", Time magazine, 11 April 2013
  96. ^ Vincentelli, Elisabeth. "Matilda is one for the books", New York Post, 12 April 2013
  97. ^ Rooney, David. "Matilda: Theater Review", The Hollywood Reporter, 11 April 2013
  98. ^ Cote, David. "Matilda", Time Out New York, 13 April 2013
  99. ^ Gardner, Elysa. "Broadway musical Matilda is marvelously magical", USA Today, 12 April 2013
  100. ^ Wolf, Matt. "Matilda the Musical, Shubert Theatre, New York, review", The Telegraph, 12 April 2013
  101. ^ Lemon, Brendan. "Matilda, Shubert Theatre, New York – review", Financial Times, 11 April 2013
  102. ^ The Critics' Circle Theatre Awards 2011”. The Critics' Circle (2011年1月25日). 2012年1月19日閲覧。
  103. ^ THEATRE AWARDS UK 2011”. THEATRE AWARDS UK. 2012年1月19日閲覧。
  104. ^ title=Matilda waltzes into the West End Matilda waltzes into the West End”. London Evening Standard (2011年11月25日). 2012年1月19日閲覧。
  105. ^ BRITISH COMPOSER AWARDS Tim”. Matilda the Musical. 2012年1月19日閲覧。
  106. ^ Welcome to the 2011 British Composer Awards”. British Composer Awards. 2012年1月19日閲覧。
  107. ^ Matilda musical wins four theatre audience awards”. BBC (2012年2月20日). 2012年2月20日閲覧。
  108. ^ "Nominations for 2009 Tony Awards Announced; Billy Elliot Earns 15 Nominations"
  109. ^ a b c d e Whats on stage 2012”. Whatsonstage.com Awards (2012年2月19日). 2012年2月20日閲覧。
  110. ^ a b c Tim Minchin's Matilda wins four Whatsonstage Awards”. The Telegraph (2012年2月20日). 2012年2月20日閲覧。
  111. ^ a b c d e f g h i j Matilda - the Musical Sweeps Olivier Awards; Benedict Cumberbatch, Jonny Lee Miller Are Also Winners”. Playbill (2012年4月15日). 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月15日閲覧。
  112. ^ Matilda the Musical top of the class with 10 Olivier awards nominations”. BBC (2012年3月15日). 2012年3月15日閲覧。
  113. ^ FULL LIST: WINNERS ANNOUNCED OF THE 2013 WHATSONSTAGE.COM AWARDS”. whatsonstage.com (2013年2月17日). 2013年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月24日閲覧。
  114. ^ VOTE MATILDA FOR BEST WEST END SHOW”. matildathemusical. Matilda the Musical (2013年1月10日). 2013年2月9日閲覧。
  115. ^ Olivier awards 2013: winners in full”. The Guardian (2013年4月29日). 2013年5月3日閲覧。
  116. ^ BBC RADIO 2 AUDIENCE AWARD SHOWS: THE LITTLE KNOWN FACTS”. officiallondontheatre.co.uk (2013年1月31日). 2013年2月9日閲覧。
  117. ^ Olivier awards 2013 – full nominations”. The Guardian (2013年3月26日). 2013年4月13日閲覧。
  118. ^ Daniel Radcliffe and Rupert Grint win at WhatsOnStage Awards”. The Daily Telegraph (2014年2月23日). 2014年2月23日閲覧。
  119. ^ Matilda Shortlisted For Best West End Show”. matildathemusical.com. 2014年2月23日閲覧。
  120. ^ Kinky Boots and Matilda musicals lead Tony Awards field”. BBC (2013年4月30日). 2013年5月3日閲覧。
  121. ^ Select list of nominees for 2013 Tony Awards”. The Washington Post (2013年4月30日). 2013年5月3日閲覧。
  122. ^ Will Matilda be the toast of the town at the Tonys?”. The Guardian (2013年4月30日). 2013年5月3日閲覧。
  123. ^ Drama League Awards Nominations Announced”. theatermania.com (2013年4月23日). 2013年5月17日閲覧。
  124. ^ 2012-13 Outer Critics Circle Award Winners Announced - PIPPIN Tops List with 7, Followed by KINKY BOOTS”. broadwayworld.com (2013年5月13日). 2013年5月3日閲覧。
  125. ^ Nominations Announced for 58th Annual Drama Desk Awards”. Playbill (2013年4月29日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  126. ^ a b Critics' Circle names 'Matilda' top musical”. The Wall Street Journal (2013年5月3日). 2013年5月3日閲覧。
  127. ^ a b 2013 Theatre World Award Winners Announced”. broadwayworld.com (2013年5月7日). 2013年5月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • "A Novel Approach," by Keith Loria, "Backstage" column, Make-Up Artist magazine, Number 102, June/July 2013, pp 74–75, Key Publishing Group, Vancouver, Washington USA. A two-page article with three color photos discussing the musical's make-up and hair/wig requirements for the New York and London productions, with quotes by key personnel.

外部リンク[編集]