マイ・フェイヴァリット・シングス (ジョン・コルトレーンのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
My Favorite Things
ジョン・コルトレーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1960年10月21日、22日、26日
ジャンル ジャズモード・ジャズ
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース ネスヒ・アーティガン
専門評論家によるレビュー
ジョン・コルトレーン 年表
ジャイアント・ステップス
(1960)
マイ・フェイヴァリット・シングス
(1961)
Coltrane Plays The Blues
(1962)
テンプレートを表示

マイ・フェイヴァリット・シングス』(My Favorite Things)は、ジョン・コルトレーン1961年アトランティック・レコードから発表したアルバム。

解説[編集]

ジョン・コルトレーンは1959年にアトランティック・レコードに移籍し、『ジャイアント・ステップス』を録音。ここで大きな名声を得たコルトレーンは、1960年にマイルス・デイヴィスのバンドを離れ、バンド・リーダーとしての活動を優先させることとなる。そして、1960年10月に大がかりなレコーディング・セッションを行い、その一部は本作に、残りは『コルトレーンズ・サウンド(夜は千の顔を持つ)』(1964年にリリースされた)などに収録された。

この録音でコルトレーンは、ソプラノ・サックスを使用している。コルトレーンは、1960年半ばにドン・チェリーとのセッションでソプラノ・サックスを使い、本作でも大々的に導入。とりわけ、ミュージカルサウンド・オブ・ミュージック』の劇中曲として有名な「マイ・フェイヴァリット・シングス」のカバーは人気が高い。この曲は、音楽の方向がフリー・スタイルへと変化した晩年に至るまで、コルトレーンのコンサートの定番曲となった。

収録曲[編集]

  1. マイ・フェイヴァリット・シングス - My Favorite Things(Richard Rodgers - Oscar Hammerstein)
  2. エヴリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ - Everytime We Say Goodbye(Cole Porter
  3. サマータイム - Summertime(Du Bose Heyward - George Gershwin
  4. バット・ノット・フォー・ミー - But Not For Me(George Gershwin - Ira Gershwin)

演奏メンバー[編集]