マイケル・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイケル・ハート
Michael Hardt
生誕 1960年????
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ベセスダ (メリーランド州)
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学
オートノミズム
クィア理論
研究分野 倫理学政治哲学
文学
主な概念 マルチチュード
帝国の理論
テンプレートを表示

マイケル・ハート(Michael Hardt、1960年 - )は、アメリカ合衆国哲学者比較文学者デューク大学文学部准教授。スワースモア大学卒業後、1990年、ワシントン大学で博士号取得。

アントニオ・ネグリとの共著『〈帝国〉』で知られる。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • Labor of Dionysus: A Critique of the State-Form, with Antonio Negri, (University of Minnesota Press, 1994).
  • Empire, with Antonio Negri, (Harvard University Press, 2000).
  • Multitude: War and Democracy in the Age of Empire, with Antonio Negri, (Penguin Press, 2004).
  • Commonwealth, with Antonio Negri, (Harvard University Press, 2009).
『コモンウェルス――<帝国>を超える革命論(上・下)』、日本放送出版協会[NHKブックス]、2012年。

共編著[編集]

  • Radical Thought in Italy: A Potential Politics, co-edited with Paolo Virno, (University of Minnesota Press, 1996).
  • The Jameson Reader, co-edited with Kathi Weeks, (Blackwell, 2000).

寄稿[編集]

  • 「市民社会の衰退 付:早稲田大学での逮捕に関する追記」(『ネオリベ化する公共圏 壊滅する大学・市民社会からの自律』明石書店 2006 収録)

関連人物・項目[編集]