マイケル・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイケル・シュルツ(Michael Schultz、1938年11月10日 - )はアメリカ合衆国の映画・TVドラマの監督・プロデューサー。

生活と仕事[編集]

ウィスコンシン州ミルウォーキーに、女工Katherine Frances (née Leslie)とドイツ系アメリカ人の保険セールスマンのLeo Schultzの息子として誕生。[1]

ウィスコンシン・マディソン大学やMarquette大学の後プリンストン大学に編入し、1966年、最初の舞台劇『ゴドーを待ちながら』を演出。

1968年にNegro Ensemble Companyに入り、翌年ブロードウェイに進出。

Lorraine Hansberry主演の劇『To Be Young, Gifted and Black』でブレイクし、1972年にテレビ・ドラマとして再演した。

初期の映画作品には、低級なコメディーと社会性を融合した『Honeybaby, Honeybaby』『Cooley High』があり、代表作にはリチャード・プライヤー主演の『カー・ウォッシュ(Car Wash)』(1976) や『Which Way is Up?』(1977)がある。

1978年、ミュージカル『サージャント・ペッパー』を、当時、黒人監督としては史上最大の予算で映画化したが、商業的にも批評的にも失敗した。その後は採算の取れる映画を量産し、『Scavenger Hunt』(1979) 『Disorderlies』(1987)などがある。

ここ数十年は主にテレビ業界で仕事をし、ドラマ『アドベンチャー・オブ ヤング・インディ・ジョーンズ』や『ピケット・フェンス』のパイロット版をつくり、テレビ映画も量産。

1991年、「黒人映画監督の殿堂」(Black Filmmakers Hall of Fame)に殿堂入り。[2]

携わった作品[編集]

参照[編集]

  1. ^ Michael A. Schultz Biography (1938–)”. Filmreference.com (1938年11月10日). 2012年8月20日閲覧。
  2. ^ Jet”. Books.google.com. 2012年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]