マイケル・イネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイケル・イネス
Michael Innes
誕生 John Innes Mackintosh Stewart
(1906-09-30) 1906年9月30日
イギリスの旗 イギリス エディンバラ
死没 1994年11月12日(1994-11-12)(88歳)
ロンドン
職業 作家文芸評論家英文学者
最終学歴 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
活動期間 1936年 - 1987年
ジャンル ミステリー
代表作 『ある詩人への挽歌』
デビュー作 『学長の死』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マイケル・イネスMichael Innes, 1906年 - 1994年11月12日)はイギリス出身の作家

生涯[編集]

イギリススコットランド)のエディンバラ郊外に生まれ、英国各地の大学教授を歴任し、シェイクスピアなどの文学研究に従事、多くの著書を出版する[注釈 1]。1937年、オーストラリアへの航海の途上で、処女作『学長の死』を書き上げミステリ作家としてデビュー。

それからは、毎年一冊のペースで作品を発表し続けたが、その殆どにジョン・アプルビイ警部が登場。1994年に亡くなるまで45の長編と3つの短編集、普通小説も26冊発表した[3]

主な著作[編集]

アプルビイ警部もの長編[編集]

  • Death at the President's Lodging (1937年) 処女長編。『学長の死』
  • Hamlet Revenge! (1937年) 第2長編。『ハムレット復讐せよ』[4](国書刊行会、1997年)
  • Lament for a Maker (1938年) 第3長編。『ある詩人への挽歌』(社会思想社、1993年)[5]
  • Stop Press (1939年)『ストップ・プレス』(国書刊行会、2005年)
  • The Secret Vanguard (1940年)
  • There Came Both Mist and Snow (1940年)『霧と雪』
  • Appleby on Ararat (1941年)『アララテのアプルビイ』
  • The Daffodil Affair (1942年)
  • The Weight of The Evidence (1943年)『証拠は語る』
  • Appleby's End (1945年)『アプルビイズ・エンド』

アプルビイ警部もの短編集[編集]

セクストン・ブレイクもの[編集]

  • The House on The Cliff (1946年)短編。『崖の上の家』[6]

ノンシリーズ[編集]

  • The Man from the Sea (1955年)冒険スリラー。『海から来た男』(筑摩書房、1970年)

注釈[編集]

  1. ^ 実名のジョン・イネス・マキントッシュ・スチュワート (John Innes Mackintosh Stewart) 名義で出版した著作には、英文学に関するノンフィクションほか、A Staircase in Surrey 5部作を含むフィクション20作に加えてショートストーリー集6編がある。自ら、実名と筆名の著作活動を題材に回顧録『Myself and Michael Innes: A Memoir』 (1987年)[1]を著した。ウィリアム・メイクピース・サッカレーの『虚栄の市』(ペンギン) [2]の編者でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Stewart, J. Michael Innes (1987). Myself and Michael Innes : a memoir (reprint ed.). New York: W. W. Norton. 
  2. ^ Thackeray, William Makepeace (著); Stewart, J. I. M. (編集・序文) (1968) (英語). Vanity Fair. Penguin English library. Penguin. ISBN 0140430350. NCID BA10659292. 
  3. ^ 創元推理文庫182-1「アプルビイの事件簿」解説
  4. ^ 早川書房HPB300では「ハムレット復讐せよ!」と!マークがついている。
  5. ^ 巻末にイネスの経歴、ミステリ著作リストあり
  6. ^ 勉誠社「アップルビィ警部の事件簿」に収録。