ポール・ランソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ランソン(左)セリュジエ、マリー・フランス・ランソンと
Nabis Landscape (1890)

ポール・ランソン(Paul Ranson, Paul-Elie Ranson, 1864年[1] - 1909年2月20日)はフランスの画家。1888年にポール・セリュジエに出会い、1890年にナビ派の一員となる。

略歴[編集]

リモージュで生まれた。父親は地方政治家である。母親を幼くして失い、母方の祖父母に育てられた。リモージュの専門学校(Ecoles des Arts Décoratifs)で学び、才能を認められ、パリで学ぶことを勧められた。

1888年にパリに出て有名な私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンでトニー=ロベール・フルーリーに学んだ。モンパルナスにスタジオを持ち、パリの画家たち、ボナールドニルーセルマイヨールヴァロットンヴュイヤールらと付き合うようになり、ポール・セリュジエと親しい友人となり、「ナビ派」と呼ばれるグループの一員となった。

1908年にセリュジエ、妻のマリー・フランス・ランソン(Marie-France Ranson)とランソン美術学校(Académie Ranson)を創立した。友人の画家たちが教師を務め、多くの画家を育てた。

作品一部[編集]

Zwei Akte, Kohlezeichnung auf getöntem Papier, 1890 
Frauen in Weiß, Wolle auf Leinwand, Tapisseriestich und Petit-Point-Stickerei, um 1895 
Junge Frau hinter Fingerhüten, Öl auf Leinwand, 1899 
Badende, Öl auf Leinwand, undatiert 

ランソン美術学校の生徒[編集]

参考文献[編集]

  • Claire Frèches-Thory und Ursula Perucchi-Petry: Die Nabis: Propheten der Moderne. Kunsthaus Zürich & Grand Palais, Paris & Prestel, München 1993, ISBN 3-7913-1969-8
  • Sandrine Nicollier: L'Académie Ranson, 1908–1918. Mémoire de troisième cycle de l'École du Louvre, sous la direction de Guy Cogeval, Paris 1997
  • Michel-Georges Bernard: Jean Le Moal. Ides et Calendes, Neuchâtel 2001
  • Alexandra Charvier: L'Académie Ranson, creuset des individualités artistiques, 1919–1955. Mémoire, Université Paris I, Panthéon-Sorbonne 2003
  • Alexandra Charvier: L'Académie Ranson dans le Paris artistique de l'entre-deux-guerres. dans "La Gazette de l'Hôtel Drouot", 2004
  • Alexandra Charvier: L'Académie Ranson à la croisée des chemins. dans "La Gazette de l'Hôtel Drouot", 2004

脚注[編集]

  1. ^ 生年を1861年または1862年とする文献も存在する。