ポリネシアン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリネシアン航空Polynesian Airlines)はサモアの国営航空会社であり、サモアの首都であるアピアを本拠地にしている。

コードデーター[編集]

概要[編集]

西サモア(現サモア)のナショナル・フラッグ・キャリアで8つの国際航路:ニュージーランドオークランドウェリントンオーストラリアブリスベンメルボルン及びシドニーフィジーナンディアメリカ領サモアパゴパゴへの国際定期便を就航させていたが、国際線部門が2005年10月イギリスヴァージン・グループ傘下のオーストラリアの格安航空会社ヴァージン・ブルーと合併し、ポリネシア・ブルーに改称した。

1993年にはここの主機ボーイング767航空機はニュージーランド航空をベースにしたコードシェア便としてアメリカ合衆国ホノルル国際空港ロサンゼルス国際空港へ就航している。

なお、国内線部門は従来のポリネシアン航空の名称を継承し、プロペラ機を利用した近距離(サバイイ島アメリカ領サモア)の運航を主体とし、ポリネシア・ブルーの空港でハンドリングをも取り扱っている。

保有機材[編集]

ポリネシアン航空の機材は以下の航空機で構成される(2006年7月):

外部リンク[編集]