ボーリュー=シュル=ドルドーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Beaulieu-sur-Dordogne
Blason ville fr Beaulieu-sur-Dordogne (Corrèze).svg
Beaulieu-sur-Dordogne Limousin France 2010 Kapel des Pénitents 4.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) コレーズ県 Blason département fr Corrèze.svg
(arrondissement) ブリーヴ=ラ=ガイヤルド郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 19019
郵便番号 19120
市長任期 ドミニク・カイル
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes du Sud Corrézien
人口動態
人口 1223人
2011年
人口密度 141人/km2
住民の呼称 Bellocois
地理
座標 北緯44度58分45秒 東経1度50分21秒 / 北緯44.9791666667度 東経1.83916666667度 / 44.9791666667; 1.83916666667座標: 北緯44度58分45秒 東経1度50分21秒 / 北緯44.9791666667度 東経1.83916666667度 / 44.9791666667; 1.83916666667
標高 平均:147m
最低:125m
最高:387m
面積 8.65km2
Beaulieu-sur-Dordogneの位置(フランス内)
Beaulieu-sur-Dordogne
Beaulieu-sur-Dordogne
公式サイト http://mairie.beaulieu-sur-dordogne.fr
テンプレートを表示

ボーリュー=シュル=ドルドーニュBeaulieu-sur-Dordogneオック語:Bél Luéc)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏コレーズ県コミューン

地理[編集]

ボーリューはドルドーニュ川に沿って走る県道940号線途上にある。地域圏の最南部にあたる。

歴史[編集]

川沿いにたつペニタン礼拝堂

アキテーヌの首領の座を巡る継承戦争中の855年、ブールジュ大司教ロドルフ・ド・テュレンヌ(ケルシーおよびテュレンヌ領主の子)は、西フランクシャルル禿頭王支持の王党派を具現化した人物で、自らの一族の土地に修道院の基礎を作らねばならないと考えた。ヴェジェンヌ(Végennes)の地への働きかけが無駄に終わると、彼はVellinusと呼ばれる地を候補地とすることにした。修道院の特許状台帳はその土地のすばらしさを報告したが、ラテン語でBellus Locusと呼ばれた地を修道院は祝別できていなかった。ソリニャック(現オート=ヴィエンヌ県のコミューン)の大修道院から、彼は新しい修道院を設立する担当の修道士の集団を派遣し、修道院の財産形成には彼の親族が広く参加した。修道院は860年に祝別された。

ケルシー伯やテュレンヌ子爵、彼らの非常に多くの家臣たちが敬虔な寄付を行い、修道院の世俗部分は低リムーザンの1/3を占め、言葉は現在のロット県に及んだ。聖プリムと聖フェリシアンの聖遺物を保管し、世俗の欲望から苦しめられはしたが、巡礼の流れを発展させるには十分な成長であった。やがてボーリューは、リモージュからオーリヤックフィジャックコンクモワサックトゥールーズサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう行程の必須の地となった。1095年以降クリュニー修道院に併合され、改革が行われ、復興の開始と一大事業の時期を経験した。それは修道院の作業場とそこにある装飾された彫刻に残る。

民が崇敬する聖人の庇護の下、肥沃な地方の入り口にある修道院は強大な力を持った。村の定住地の成長のためにこれは必須条件であった。13世紀終わり、修道院建物の周りで生じた村は壁で取り囲まれていた。壁には句読点のように塔が並び、堀が境界となっていた。それは修道院の囲い地であった。郊外が壁の外で生まれた。ドルドーニュ川に向かって広がるラ・グラーヴ地区には、かつて病院があった。中心となる地区は、元のVellinusの村があった場所だった。トルー地区は死者が埋葬された場所だった。ミラベル地区は、かつての修道院の果樹園の近くであった。ボーリューはカステルノーとテュレンヌの領主の欲望をそそり、真のブルジョワ階級が出現した重要な商業地となった。

1213年以降、クリュニーが独占的支配を失い、修道院は次第にその権力を失っていった。ボーリューでは、領主たる修道院長、ブルジョワ階級、そしてテュレンヌ子爵との間で対立が生じた。15世紀、修道院は徐々に崩壊していった。ユグノー戦争中に修道院は新教徒にぼろぼろにされた。16世紀に近づくと、宗教改革の理念はドルドーニュ川の船頭や商人たちの影響を受けて広がっていった。1569年から1574年の間の2度、コリニー提督の軍によって町と修道院は略奪された。修道院付属教会は新教の教会に転換された。リーグ派のおかげで1622年にカトリック信仰が取り戻されると、修道院はベネディクト会派のサン・モール会衆によって再建された。彼らは修道院の規律を復活させた。再び繁栄した町では、豪奢な邸宅が建てられた。かつてのリーグ派は、司教たちの支援を受けて、多くの宗教的友愛会をつくった。フランス革命で修道院建物が壊された時、修道院にはまだ6人の修道士たちがいた。大修道院は損害から逃れ、教区教会となった。

ボーリュー=シュル=ドルドーニュのパノラマ

人口統計[編集]

20世紀初頭のボーリューの人口は、2025人であった[1]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
1673 1592 1560 1508 1265 1286 1287 1223

参照元:1999年までEHESS[2]、2004年以降INSEE[3][4]

経済[編集]

ボーリューを含む一帯はイチゴを年間400トン生産する大生産地である。これは国内のイチゴ総生産量のほぼ1%にあたる。特に、グループ・アンドロが近くのビアール・ブルテヌーの工場でジャムを生産していることが挙げられる。毎年5月の第2日曜日にはイチゴ祭りが行われ、直径8mのタルトに900kgのイチゴが敷き詰められたイチゴ・タルトが作られる[5]

イチゴのタルト

史跡[編集]

  • サン・ピエール修道院付属教会[6] · [7] - 9世紀、ボーリュー領主・テュレンヌ領主の一族であるロドルフによって創設。11世紀にはクリュニー修道院へ併合された。グレゴリウス改革によって拍車がかかり、巡礼が修道院の発展を促し、新たな教会建設が必要になった。1150年には新教会の聖歌隊席と翼廊が既に完成していた。建設事業は13世紀まで続けられた。設計は他の巡礼地のロマネスク様式教会に似て、ラテン十字型である。巡礼者が聖務日課の邪魔をせず回って、自分の好きな聖人ため後陣の礼拝堂で祈りを捧げられるよう、身廊には通路と回廊が備わっていた。
  • エストレス城 - ドルドーニュ川より標高が上の、中世の擁壁のため傾斜地にたつ(ボーリューと、川の上流の谷を守るためで、実際にウード王が889年にノルマン人の侵攻を食い止めている)。城は14世紀、15世紀、16世紀の各時代の建物で構成される。城は20世紀直前まで廃墟であったが、現在復元されている。所在地はボーリューではなく、アスタイヤックである。

ゆかりの人物[編集]

マルボ将軍像

脚注[編集]

  1. ^ Le Lot partie Chemins de fer p 196 - fr:Armand Viré - Réédition de l'ouvrage de 1907 - ISBN 2-7455-0049-X
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=2975
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr
  5. ^ "La fraise de Beaulieu". Keldelice Information et guide d’achat sur les produits du terroir. 2012年5月16日閲覧
  6. ^ Marguerite Vidal, Jean Maury, Jean Porcher - Quercy roman - pp.285-313 - Éditions Zodiaque (collection "la nuit des temps n°10) - La Pierre-qui-Vire - 3e édition - 1979 ISBN 978-2-7369-0143-1
  7. ^ Jean Maury, Marie-Madeleine S. Gauthier, Jean Porcher - Limousin roman - pp.39-89 - Éditions Zodiaque (collection "la nuit des temps" n°11) - La Pierre-qui-Vire - 1959