ボンボン菓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンボン菓子の一種

ボンボン菓子(ボンボンがし、bon-bon または bonbon)とは砂糖から作られたで具を包んだ菓子。元々アーモンドを包んだものを指してボンボンと呼んでいたが、今日ではあらゆる種類のフルーツナッツが具となる。

砂糖の代わりにチョコレートフォンダンを用いることがある。特にチョコレートでウイスキーを包んだ菓子をウイスキーボンボンと呼ぶ。

名称はフランス語で「良い」を意味する形容詞bonを2つ重ねたもの。ちなみに現在のフランス語FR)では、ボンボン(bonbon)はナッツを砂糖で包んだドラジェ(Dragée 上記のボンボンに最も近い)を始め、キャラメルリコリス菓子グミマシュマロペロペロキャンディガムなどを含むキャンディ状の菓子の総称である。

フランス宮廷に輿入れしたマリー・ド・メディシスに随伴したイタリアの菓子職人ジョヴァンニ・パスティッラが作った砂糖菓子が「ボンボン」と呼ばれるようになったのが始まりとされる[1]

ボンボン菓子を入れるための容器がボンボニエール(bonbonière)である。

脚注[編集]

  1. ^ マグロンヌ・トゥーサン=サマ; 玉村豊男訳 『世界食物百科』 原書房、1998年ISBN 4562030534 p.590.

関連項目[編集]