ボブジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボブジ(Bobuji、1986年9月30日 - )は、日本のドラマーパーカッショニスト。血液型はO型。大分県中津市出身。本名は今村信浩(いまむらのぶひろ)。

今村 信浩(いまむら のぶひろ)
別名 ボブジ
生誕 1986.0930
出身地 大分県 中津市
ジャンル ロック
担当楽器 ドラム
活動期間 2017.01 - (coolrunnings)
公式サイト http://www.coolrunnings.jp
メンバー 鈴木俊、竹中裕、露崎正裕
旧メンバー 船瀬大我

概要[編集]

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷を卒業。2008年から元UP-BEAT水江慎一郎をはじめ、藤井豊や宇田隆志と一緒にココロノボスのメンバーとして活動。ダンスパーカッションのコラボレーションユニットであるタロー&ジローのリーダーを務め、2008年にテレビ番組スーパーチャンプルにも出演[1]

2011年には元JUDY AND MARYの五十嵐公太や酒井麿らによる打楽器に特化したイベントDrumming Highに出演。また、自身を軸としたアニメソング普及プロジェクトのボブジ+シリーズを率いてのライブ活動も行っている。日本国以外では、アメリカインドネシアオーストラリア等でも演奏活動を行う。

2014年1月よりCoolRunningsのサポートドラマーとして活動し、2017年1月に正式メンバーとして加入。

ドラムパーカッションをはじめギターベースボーカルもこなすマルチプレイヤーであり、松川かの子のアルバム『KANON』ではギター、ベース、ドラムをマルチに演奏している。作詞作曲編曲活動も行っている。パーカッショニストの大久保宙のCHU BANDプロジェクトメンバーとしても活動している。

TOCA GIBRALTAR公認 HCO MUSIC パーカッション・デモンストレーター[2]として契約しており、ドラムやパーカッション指導も行っている。相模大野のスタジオQ-onにてカホン&ジャンベ教室やエレキベース教室を担当している[3]

ドラムセット[編集]

TOCAとGIBRALTARのモニターでGIBRALTARのラックシステムを使用している。

メインのドラム大久保宙より譲り受けたYAMAHA社のMAPLE CUSTOM ABSOLUTEを使用。バスドラム3個、スネアドラム2個、ロートタム3個、タム8個、フロアタム2個という巨大なドラムセット。色はシルバースパークル。

名前の由来[編集]

  • 小学4年生の時に、バレーボール部の先輩からいきなり「お前、昨日オレの夢に出てきたぞ。名前が羊のボブじいさんだった。」と言われ、略して「ボブジ」と名づけられた。(本人ブログより)

ディスコグラフィー[編集]

  • The Birthday (Revolt) - 2007年
  • NGOMA(大久保宙) - 2007年
  • ISOLA BELLA(海津幸子) - 2008年
  • Rhythm BoX(大久保宙) - 2008年
  • Clip Mix vol.4(ココロノボス) - 2009年
  • KANON(松川かの子) - 2010年
  • JAPANESE LIFE(Dpace & the Band) - 2013年
  • サイノハテ(CoolRunnings) - 2014年
  • TIMELESS IMAGINATION(CoolRunnings) - 2015年
  • LIVE ALIVER (CoolRunnings) - 2018年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーチャンプル公式サイトに記載
  2. ^ 公式ページプロフィールに記載
  3. ^ スタジオQ-onホームページに記載

外部リンク[編集]